社長のブログ

千代田区九段下から発信

シェアオフィスがあなたの起業を成功に近づける14個の理由

  • 2016年04月11日

東京では少しずつ認知されてきているシェアオフィスを当社でも運営しています。起業家の方が普通のオフィスを借りるよりも、シェアオフィスを利用するメリットが多いと考えます。そのメリットを改めて整理してみました。

1.オフィス賃料が抑えられる

一番わかりやすい成功の要因は、やはりオフィス賃料が低く抑えられることでしょう。そのメリットは東京などの地価が高いところで威力を発揮します。

 

東京都中心部でオフィス使用に耐えられるワンルームの部屋を借りたとしたら、最低でも10万円はかかってしまいます。これがシェアオフィスを利用すれば、格安で利用できます。当社の場合もシェアオフィスは2.5万円で利用が可能であり、10万円のオフィスと比べても7.5万円分のコスト削減につながります。

 

その浮いた分の費用を、WEBのSEO対策に充てたり、販促ツールの作成に回せば、それだけ売上を上げられる可能性が高くなります。起業時に重要なことはいち早く売上を立てることです。シェアオフィスを利用することで節約できたコストを、売上をあげるための投資に回すことによって、成功への可能性が高まります。

2.初期コストが低く抑えられる

自分でオフィスを賃貸するとなると前払賃料、保証金等のコストがかかります。

 

特にオフィス用賃貸の場合は、6ヶ月~12ヶ月の保証金がかかりますので10万の家賃ですと、保証金で60万~120万かかってしまいます。これはかなり大きいです。(東京だともっと高くなる可能性があります。)それも賃貸している間は全く手の付けられないお金になります。

 

そして、これはあくまでもオフィスのカギをもらうための費用です。カギをもらえるだけで机・イス、その他の調度品など内装にかける費用は含まれていません。ちゃんとしたオフィスに仕上げるためには、100万以上かかる可能性は十分にありますし、もう一桁増えることもありえます。それをプラスするとかなりの金額が「ビジネスを立ち上げるためだけの費用」に費やされてしまうということになります。

 

ビジネスを立ち上げるためだけに大きな金額がかかってしまうとなると、成功うんぬんの前に起業自体をあきらめてしまう人も多くなってしまうでしょう。シェアオフィスは起業したい人にチャレンジのチャンスを与える機能をもっているといえます。

3.ランニングコストが抑えられる

自前でオフィスを構えると、事前に予測していたもの以外のコストが意外に多いということも見逃せません。

 

インターネット回線、水道光熱費、新聞書籍代、飲み物の費用などのランニングコストも毎月負担することを考えると結構な金額になりますね。トイレットペーパーでさえ自分で用意する必要があります。

 

これらの費用が、シェアオフィスでは利用料に含まれているということが一般的です。そうなると賃料の差額以上の金銭的なメリットがあると言えます。さらに言えば、どこかに買いに行く必要があるような場合はそのために時間も消費してしまいます。

 

これもシェアオフィスを利用することで節約した時間を資金で、売上アップのために活動を行うことが可能になります。

4.立地がよくなる

シェアオフィスは場所をシェアすることが、基本的な考えになりますので、使用する人1名当たりの賃料が下がります。そうすると同じ賃料や建物の条件ベースで考えれば、立地が良くなります。当社のシェアオフィスが、九段下駅徒歩30秒という立地にオープンできるのはそのためです。

 

立地がよくなることのメリットは様々なものがあります。

 

1.通勤にかかる時間を短縮させます。

仮に通勤するのに10分かかるオフィスと2分のオフィスでは毎日8分×往復=16分の差が生まれます。20日の通勤したとして320分の余分に時間を消費するということになります。仮に社長の時給を3,000円だとした場合、金銭的コストは16,000円になります。それだけでも1万程度の差なら立地がよくなるシェアオフィスを選んだ方がよくなる。多くの事業の場合、すべてをオフィスで完結させることは難しく、クライアント先への訪問などで外出することも増えますが、その際にもやはり駅近なら時間を節約することが可能です。

 

さらに事業が軌道に乗ってこれば、社長の時給はもっと高くなってきますので、どんどん立地の良さは重要になってきます。

 

2.肉体的な負担が軽減されます。

上記の時間について付け加えると、時間がかかるということはそれだけ体力を消耗するということになります。エクササイズを兼ねられてよいということも言えますが、病気なのに仕事をしないといけないなどの場合に避けられない負担となるのはとてもつらいものです。それが真夏の暑い時期や雨や雪のひどい日でしたらオフィスに行くのはとても大変です。

 

3.フェイストゥーフェイスのコミュニケーションが増える

オフィスが駅から近いと「近くに来てみましたのでちょっと寄ってみました」という形での来訪者の方が増えます。そういうコミュニケーションが増えることで取引先の企業との関係がよくなることもあります。

5.キレイなオフィス環境を実現できる

初期コストのところと重複しますが、自前でオフィスを借りるとなると中々おしゃれでキレイなオフィスを作ることはコスト面でかなりハードルが上がります。そこにコストをかけるくらいなら売上にダイレクトにつながるものに費用を費やすことを絶対におすすめします。

 

それがシェアをするという考え方が、ガラス張りの会議室や、動画配信スタジオを設置することを可能にしています。高価で機能的な内装などは自分で投資することは勧めませんが、低価格で利用できるのであれば、ないよりよいのは当たり前です。

6.自分で揃えることが難しいものを利用できる

複合機や高性能のプロジェクターなどあればビジネスに大きく貢献するでしょう。しかし、導入するにはかなりのコストがかかります。リースなど初期コストをさげる方法もありますが、トータルで考えた時にはコストは上昇してしまいます。

 

こちらもシェアすることで利用することが可能になります。たまにしか使わないものでも、そのたまにが意外に重要だったりします。シェアオフィスを利用することによって自分で買わない限りもっていないものでも、「こんなものありますか?」と聞くと意外にあったりするのが便利です。

7.掃除をしなくてもよい

意外に見過ごせないのが、掃除などのメンテナンスにかける時間。自分でオフィスを持っていれば自分以外の人は、メンテナンスを行ってくれません。毎日の掃除だけでも最低10分~15分はかかるのではないでしょうか。月に換算すると結構な時間になります。これをシェアオフィス側が一手に引き受けて清掃を行うことによって一人あたりに必要になってくる清掃費が月額利用料でおさめることができるようになります。

 

また、清掃はしっかり掃除機をかけたりするとかなり疲れます。オフィスをピカピカに保とうとするととても労力がかかりますので、これを自社(一人)で行うのはとても大変です。

 

そういった労力を一件のアポに回したり、ブログの執筆に費やすだけでも、大きな違いを生むのではないでしょうか?

8.仲間が増える

シェアオフィスを利用される方は、起業家の方やフリーランスの方など、その規模やビジネスに対する想いなど、共通するものが多くあります。特に経営者は孤独です。しかし、自前でオフィスを借りて起業してしまいますと、自分以外の人間と会う機会はシェアオフィスに比べると絶対に減少し、不安や孤独を共有する人が減ってしまいます。

 

そういう出会いの機会の減少をシェアオフィスは補ってくれます。そういう出会いもその孤独からくる不安も共有しやすいため、必然的にネットワークが形成される環境にあります。

9.クライアントが見つかる(かも)

普段から様々な人が出入りするスペースになっているので、自然と多くの人と接点を持つことになります。単独のオフィスを賃貸している場合は、意識して人と会わないと誰とも出会うことはありませんが、シェアオフィスを利用するとそういった出会いの中から自社サービスを利用してくれる人が出てくるかもしれません。

 

シェアオフィス内で仕事を受発注する際のメリットは、仕事の進捗状況が確認しやすいということです。コミュニケーションがとりやすくなりますので、ちょっとした確認作業が簡単にできます。例えばチラシのデザインを依頼している場合など、ラフのデザインの段階で「こんな感じですが大丈夫でしょうか?」と聞くことで、思っていたものができているのか、そうでないのかが早い段階でチェック可能です。通常ですと、ある程度出来上がって段階での確認になるので修正があまりできないということにもなりかねませんが、シェアオフィス内でのやりとりがそれを回避してくれる可能性が高くなります。

10.モチベーションがアップする

8でも書いていますが、シェアオフィスは、起業したばかりの方や、起業準備中の方、個人で活動している方など、事業のフェーズが同じ段階にいる方が多く集まります。同じ規模やフェーズのため同じような悩みを持っていることが多くなります。

 

そういった方と頻繁に出会うことによって、他の人も同じような悩みを抱えているということがわかり、モチベーションも上がりやすくなります。

11.作業に集中できる環境がある

それぞれのシェアオフィスで状況はことなりますが、集中して作業が行える環境ができます。カフェなどで仕事をする場合は、周りが必ずしもビジネスについて話す人ばかりではないため、集中がそがれる可能性がありますが、ビジネス目的で利用している人ばかりの環境なので、音の面では多少雑音があったとしてもその音が気分的に集中をそぐことはカフェよりは少ないです。

 

また、自宅で作業するということを考えると、テレビや雑誌を見たり、仕事に関係ない来客があったりすることで、作業が中断したり志向が途切れてしまいます。

 

(ただうるさくなるシェアオフィスもありますので、そのちゃんと集中できるのかを確認する必要はあります。)

12.一定のセキュリティが確保できる

特に女性の人には重要な点が、セキュリティの問題です。最近はストーカー被害など何かと物騒な事件が多いですが、一人で自前のオフィスにいれば、何か問題が起こった時に周りに助けを求めにくくなります。

 

その一方でシェアオフィスで作業すれば、多くの人がいますので何か起こっても安心ですし、そもそもおかしな人が入ってくるということもありません。特に当社の場合は会員制なので、オフィス内にどういう人が把握できていますし、そもそも怪しい人は入会をお断りしています。

 

また会員制ですので、盗難などに対しても一定の予防効果を持っています。

13.ドリンク類が無料である

ランニングコストと同じですが、自分一人でしたら普段飲むドリンクも自分で購入する必要がありますが、クライアントとの打ち合わせ等、ちょっとしたことで必要になる経費も積み重なっていくと大きなものになります。またそれらを準備する手間が大変になります。そして飲み終わった後の片づけも自分で行わなくてはいけません。こういう煩わしいこともシェアオフィスを利用することで解放されます。

 

多くのシェアオフィスはドリンクも無料で提供されていますし、自分でカップの洗浄を行う必要がありません。

14.イベントやセミナーに参加できる

シェアオフィスでは様々なイベントやセミナーが開催されます。セミナーに参加するのは、結構労力がいります。最適なセミナーを探して当日そわそわしながら緊張して会場に向かうことも多いと思いますが、オフィス内で開催されているセミナーですと割と気軽に参加できたりします。

 

自分で探して参加するだけでは出会えなかったようなイベントも、その場で開催しているから行ってみようという気持ちで参加して、思ったよりも参考になったというセミナー出会う可能性があります。

 

 

以上、起業をするうえでコワーキングスペースが成功に近づけてくれる理由を挙げてみました。

シェアオフィス@東京都千代田区 ナレッジソサエティ


このブログを購読する

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVES