レンタルオフィスを選ぶ時は立地を最優先に

2016年07月26日
Category :

レンタルオフィスを選ぶ時は立地に注目

レンタルオフィスを選ぶ際にはオフィス環境やサービス、月額料金、清潔感など、様々な部分を視野に入れて総合的に検討する必要があると思いますが、その中でも最も重視しなければならないポイントをみなさんはご存知でしょうか?
レンタルオフィスは自分が業務を行う場所、という部分を重点的に考えることももちろん大切ですが、それよりも先に考えなくてはならないのがオフィスの立地です。

一方で、例えばバーチャルオフィスを探す場合でもシェアオフィスを探す場合でも、多くの場合の利用者にとっては「立地」が全てであるケースが大半かもしれません。

ここで申し上げたい「立地」というのは、単純に文字列として住所に記載をできる部分としての良し悪しではなく、より物理的な立地というお話になるのですが、ではレンタルオフィスの立地を最優先しなければならない理由について考えてみたいと思います。

なぜレンタルオフィスは立地にこだわる必要があるのか

レンタルオフィスを契約する理由の中に「信用度を上げたい」という考えを持つ人もいらっしゃいます。

ただし、これは少なくともバーチャルオフィスとして利用する人々よりも、もっと身近に「立地」についての恩恵を受けるための「信頼度」であって、名刺の上の文字だけで得られる信頼感とはまた少し違いがあるのはお分かりいただけますでしょうか?

確かにオフィスを持つことはお客様への信用にも繋がりますし、将来的にその分野で発展を遂げたいのであればきちんとした住所を確保することは信用を得るために不可欠な要素だと言えるでしょう。

そして、まず問題となるのは「どのエリアにオフィスを構えるのか」ということです。

例えば東京でレンタルオフィスを利用する場合、一等地にあるオフィスを選んだ方が確かに高い信用度を得ていると感じることがあるのは紛れもない事実ですし、場合によっては事務所の場所を説明する際に「○○商事の隣のビルです」といった風な大手企業の名前を出すことによって、大企業の信頼に乗っかってしまうことが可能なケースもあり、使い方によっては非常に有効な選択肢であることは間違いないでしょう。

 

実際問題として、まずスタートアップのタイミングでレンタルオフィスを借りる場合は、東京の一等地にオフィスを構える目的はもちろんただ一つ、「その住所を名刺に刷り込むこと」であることは明白です。
これは名刺を渡す相手に対して「信頼性」と「安心感」を与えるための行為であり、逆を言えばそれ以外に特別なメリットはありません。
しかし住所から信頼性を得るという風習がいまだに残っているビジネス社会では立地に的を絞ってレンタルオフィスを選ぶことも必要不可欠なポイントであるため、この点を加味する必要があるのはまず当然でもあります。

レンタルオフィスまでのアクセスにも注意

レンタルオフィスを借りる場合に、もう一歩踏みこんで考えなければならない項目に自宅からの「アクセス」です。

一般的に考えれば、オフィスに自分の体を移動させてその場所で仕事をする時間が多いと考えられるのは以下のような順番でしょう。

 

①レンタルオフィス

②シェアオフィス

③バーチャルオフィス

 

そしてこれは、自分自身がそのオフィスにより長くいる可能性の順番であり、同時にお客さんがこのオフィスに訪問してくる可能性の順番にも大よそ連動すると考えてもおかしくはないと言えます。

つまり名刺の文字としての魅力と駅からの近くてアクセスが良いというイメージに相違が無い状態が最も理想的な形です。

例えば、銀座と新橋はどちらも日本では有数な商業地ですが、イメージだけの話をすればきっと銀座の方が良い印象を受ける場合もあります。

ここで考えてみたいのは、銀座1丁目~4丁目と銀座5丁目~8丁目の違いです。

実際には3つのエリアと考えることができるのですが、八重洲方に近くなる銀座1丁目,2丁目、銀座駅を中心にした3丁目、4丁目、5丁目,6丁目、新橋寄りの銀座7丁目、8丁目です。

例えば銀座8丁目を選んだ場合、名刺上には銀座と書かれますが、お客様に案内する際には新橋駅からが最も近い、という話をしておいた方が良いわけで、これを伝えずに会社訪問に来たお客様が銀座駅から歩き始めて「あれ?これ新橋からの方が近いじゃないか」と思われるのは、元々その場所でレンタルオフィスを借りることを考えた趣旨とは、真逆になってしまうことになるのです。

レンタルオフィスまでの道のりに坂道がある、階段がある、こういった立地条件の場合は比較的相場よりも安くなっていることがありますが、その安さを取ることは同時に、その道のりを訪問してくるお客さんに課すことになる点は忘れてはいけません。

もちろんそんなことを考えないお客様も沢山いるでしょうから、あまり細かいことに気を遣いすぎても仕方が無いとも言えますが、常に、自分がなぜ、どのような目的でその場所のレンタルオフィスをかりるのかを考え、その目的との乖離が発生していないかどうかを意識しておくことが大切です。

駅から近いオフィスは、その名刺上の文字のみ良くよりもはるかに良い印象を与える場合もあるということです。

 

レンタルオフィスは東京九段下駅から徒歩一分のナレッジソサエティ