東京 コワーキングスペース 法人化

東京都内で法人化して事業を行いたいという場合、オフィスの確保で問題が生じます。東京都内の賃貸オフィスともなると、毎月の賃貸料が高い上、敷金や礼金で6ヶ月分や1年分といった高額な費用が必要になります。法人化を行っていない時点で、賃貸オフィスを契約できないといったこともあります。また、マンションやアパートの場合、事業利用が禁止されていることもあります。そこでコワーキングスペースがあります。 東京都内のコワーキングスペースなら賃貸オフィスのように高額な費用をかけず、法人化することができます。また、法人登記前にコワーキングスペースを契約できるといったメリットもあります。さらに、法人登記を行う手続きをサポートしてくれるなど、サービス面での充実や申請手続きの手間も解消でき、サポートサービスは個人で行政書士などに依頼するよりも費用を抑えることができます。 また、コワーキングスペースで心配となるのが法人化後に法人名義の銀行口座の開設です。コワーキングスペースの場合、法人名義での口座開設が難しいと言われているものの、東京都内のコワーキングスペースでは銀行担当者を紹介してくれ、口座開設の手助けも行ってくれます。有名企業が運営するサービスや知名度の高い企業が利用するコワーキングスペースで法人化後の口座問題を解決してみませんか?

次の記事へ