東京 バーチャルオフィス おすすめ

地方の企業が東京都内で営業活動を行う際、どうしても必要になるのが営業拠点となる事務所です。しかし、東京都内の賃貸オフィスの賃料は高く、敷金礼金で賃料の6ヶ月分や1年分の初期費用が発生してしまい費用的な余裕がない会社にとっては負担になります。その際におすすめなのがバーチャルオフィスを利用することです。バーチャルオフィスなら初期費用や毎月の維持費が抑えられ、速やかに営業拠点を開設できます。 バーチャルオフィスは調べられると信用面に不安があるというイメージがあるものの、実際にはシェアオフィスやコワーキングスペースを運営しており、その住所を利用しています。有名な企業が利用していること、東京都内でも一等地にあること、銀行所有のビルにあることなど信用を得られる条件も揃っています。また、おすすめのポイントとしては審査により、運営会社から信用を得られているといったメリットもあります。 そのほか、東京都内で営業活動を行うものの商談スペースがなく、飲食店を利用しているという場合でもバーチャルオフィスでは会議室を無料で利用でき、情報漏洩のリスク管理も行えるなどのメリットがあります。また、営業拠点にスタッフを配置する余裕がないという際には、電話転送や受付サービスを利用するのもおすすめです。スタッフを雇用する必要がなく、人件費を抑えたり人材確保に悩む必要もありません。

次の記事へ