コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > バーチャルオフィス > 銀行法人口座 > 銀行法人口座開設体験談 > 大学に通いながらバーチャルオフィスで起業してGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。クローク事業会社の湯村理人様インタビュー

大学に通いながらバーチャルオフィスで起業してGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。クローク事業会社の湯村理人様インタビュー

[投稿日]2021年02月06日 / [最終更新日]2021/04/19

大学に通いながらバーチャルオフィスで起業してGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。クローク事業会社の湯村理人様インタビュー

 

 

「誤字脱字や記入漏れ、提出書類の入れ忘れなど、そういったところはミスなく完璧にして審査に向かうのが良いでしょう。」

貴重な経験を語っていただけたのは、ナレッジソサエティのバーチャルオフィスを活用しているクリーンイノベーション合同会社の代表取締役、湯村理人様です。

このインタビュー記事では、ナレッジソサエティのバーチャルオフィスを活用されている方の法人口座開設実績をお伝えします。

「バーチャルオフィスでは口座開設が難しいって聞くけど、本当?」

そんなことはございません。

バーチャルオフィスだから法人口座開設ができないということはありません。

実際にナレッジソサエティのバーチャルオフィスでは多数の法人が口座開設をしており、皆様のビジネスに支障をきたしておりません。
(そもそも当社のバーチャルオフィスが口座を開設出来ない場合、利用者はビジネスができないので、利用法人がおらず当社が運営できません。)

ただし、登記する住所が犯罪に利用されたバーチャルオフィスの場合は、口座開設のハードルは上がります。そのため、審査体制がしっかりとしたバーチャルオフィスを選ぶ必要があります。

今回のインタビューに答えてくださった方

社名:クリーンイノベーション合同会社

名前:湯村 理人

設立年月:2019年3月

資本金:5万円

事業内容:クローク運営事業

>>湯村理人様の「クリーンイノベーション合同会社」のサイトはこちら

ナレッジソサエティのPR 九段下駅徒歩30秒のバーチャルオフィス

1.バーチャルオフィスの利用について

Q.事業内容を教えていただけますか?

展示会やライブなど多岐にわたる各種イベントにおいて、会場での来場者向けのクロークサービスを提供しています。

大きなイベントでは来場者が全国各地から集まりますので、大きなお荷物を持ってこられる方もおり、荷物を持ち込めないイベントなどありますので、そういった方々のお手荷物をお預かりするサービスです。

Q.起業したきっかけは何ですか?

元々起業したいという気持ちと、イベント業界での仕事の経験を通して、イベントの中でこの事業ならやっていけるのではと考え、クローク事業を始めました。

最初はイベント会場の清掃事業で起業しましたが、営業している中で、クローク事業の方が需要があると感じ、クローク事業に転換していった形です。

Q.なぜ元々起業したいと考えていたんですか?

高校時代にヤフオクやメルカリを使用した物販をして、月々ある程度安定した金額を稼げたという経験があり、そこから派生して自分で何か商売や事業を立ち上げるということに興味を持ち始めて、起業したいと思うようになりました。

Q.バーチャルオフィスを利用するきっかけを教えてください。

起業するにあたり、登記住所をどうするか調べていたときに、バーチャルオフィスというサービスに出会いました。

その中で一番目に入ったのがナレッジソサエティです。

他のバーチャルオフィスでは、既に事業として成り立っている方に対してサービスを提供しているイメージが強かったのですが、ナレッジソサエティはこれから何かを始める起業家に向けたサービスという印象を感じ、これから事業を始める自分に合っていると思い、ナレッジソサエティを選びました。

ナレッジソサエティのPR 法人設立に適したバーチャルオフィス

2.法人口座の開設について

Q.法人口座の開設手続き時のメンバーシップを教えてください。

バーチャルオフィスメンバーです。

Q.口座開設の申込をされた銀行を教えてください。

GMOあおぞらネット銀行とジャパンネット銀行の2行です。

GMOあおぞらネット銀行は開設できましたが、ジャパンネット銀行は開設できませんでした。

  1. Q.他の銀行の口座開設の予定はありますか?

  2. 今はないです。

Q.人気のあるメガバンクではなくネット銀行を選ばれた理由はありますか?

創業当初は社会的信頼もない、実績もない、資本金も少ないという中で、メガバンクを受けるというのはコスパ(口座開設に掛ける時間や手間)が悪いんじゃないかと思い、審査に落ちる可能性が高い銀行を受けるよりは、口座開設をできる確率の高そうなところから攻めて、そこで口座開設できればいいやという気持ちでいたので、特にメガバンクがいいとか、ネットバンクがいいとかは決めていませんでした。

口座開設をできる確率の高そうなところから攻めようというところで、ネットバンクから申し込み、無事開設できたのでメガバンクは申し込んでいないという感じです。

Q.口座開設までの流れを教えてください。

GMOあおぞらネット銀行さんは、ネットから個人情報や法人情報をフォームに入力して申し込みました。

具体的な日程で言うと、2019年10月13日にネットで申込をしまして、その翌日に本人確認書類や事業内容が分かるものを必要書類に発送しました。

その後およそ1週間後に審査が通過したというメールが届き、それからさらに1週間後くらいに書類とかキャッシュカードの入った封筒が到着したというような形です。

電話確認や面談はなく、ネットとメールのみで口座開設は完結しました。

ジャパンネット銀行さんは、2019年10月1日に申し込みをしまして、その3日後に発送した提出書類が先方に到着しています。

その4日後、10月8日に審査落ちのメールが届きました。

  1. 事業内容を説明するため、どういった書類を銀行へ提出しましたか?

事業内容を説明するため、銀行には以下の書類を一式提出しました。

①ホームページの写し
②営業用の書類・パンフレット
③事業内容の補足として作成したWordの文章

  1. 固定電話の番号で申込されましたか?

固定電話で申し込みました。

03番号を取得できるアプリがあるので、そのアプリから番号を取得して申し込みました。

  1. 申込にあたって気を付けたポイントや工夫した点などがあれば教えてください。

とにかく一つの企業として認めてもらえるような事業内容の資料を整えるところが大切ですし、書類の不備が無いようにというとことに気を付けました。

あとは、事業内容の書類に関しても、分かりやすく、細かく、どういう事業なのかというのがパッと一目で分かるように書類を丁寧に用意しました。

  1. これから法人口座を開設される方へアドバイスをお願いします

メガバンクや都市銀行といった面談がある銀行と、ネットですべて完結するネット銀行では、一概にどちらが良いとは言えず、業種によって向き不向きがあると思うので、それぞれのメリット、デメリットをよく調べた上で銀行は選んだほうが良いと思います。

また、送付する書類に関しては、とにかくミスが無いようにすることが重要です。

誤字脱字や記入漏れ、提出書類の入れ忘れなど、そういったところはミスなく完璧にして審査に向かうのが良いでしょう。

さいごに

お忙しい中インタビューにお答えいただいた湯村理人様ありがとうございました。

とても若く、スタートアップで社会的信用や実績がないことを認識したうえで、法人口座開設の立ち回りを工夫されている印象でした。

また、企業としての信頼性を上げるためパンフレットの作成や固定電話03番号の取得などを行われていたことも、今回の口座開設でプラス要因となったはずです。

たしかにメガバンクは、ネットバンクに比べ口座開設の難易度が高く、審査や提出書類など開設までに時間がかかるケースが多いため、短期間かつネットのみで完結するネットバンクで法人口座を開設して事業を始めるという方も今後増えてくるでしょう。

メガバンクでの法人口座開設を急がずに、まずはネットバンクで法人口座を開設して起業し、事業が軌道に乗り実績ができた後でメガバンクの法人口座を開設するというのも、有効な選択肢のひとつかもしれません。

法人口座開設におすすめの銀行

メガバンク

メガバンクでの法人口座は若干ハードルが高い傾向にありますが、「バーチャルオフィスの住所を使っていることが理由で法人口座の開設を断ることはない」と、少なくとも三大メガバンクのうちの一行の口座開設担当者から直接お聞きしておりますので、メガバンクでの口座開設をあきらめる必要はありません。ナレッジソサエティのバーチャルオフィスをご利用中の法人のキャッシュカードも頻繁に届いております。

ネット銀行

ネット銀行はオンラインバンキングの機能が充実していますし、振込手数料も格安ですので、起業時の資金が潤沢にない時期にはとても便利です。ひとつは法人口座を開いておくべきだと思います。

ただしネット銀行の中にはバーチャルオフィスを利用しているというだけで審査落ちになるネット銀行がありますので注意が必要です。

逆にバーチャルオフィスを利用していることとは関係なく案件ベースで審査をするとしているネット銀行がありますので、そういうネット銀行を選んでください。
特にGMOあおぞらネット銀行はバーチャルオフィスを利用しているから即審査落ちということでないと直接お聞きしているのでおすすめです。

ネット銀行で口座開設をする際のポイントはホームページを持っていることです。そのホームページは具体的な業務内容が確認できることが重要です。
ホームページは銀行口座開設のためのみでなく、中小企業の営業活動には欠かせないものですので、法人口座の開設に合わせてしっかりしたものを作られることをおすすめします。

ホームページ制作のことであればKurumi株式会社をおすすめいたします。

ホームページ無料制作

起業当初はオフィスの費用や販促費などの出費が多々ありますので、抑えられるところは押さえましょう。

現在特別キャンペーンを実施しており、制作費無料(管理費のみ)で御社のホームページを持つことが可能です。

無料相談会も定期的に行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
詳細は上部のバナーをクリックしてください。

⇐ 第25回:バーチャルオフィスで起業してりそな銀行とGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。WEBコンテンツ制作会社S.S様インタビュー

⇒ 第27回:りそな銀行とGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。ベンチャービジネスの育成支援を行うK.F様インタビュー

バーチャルオフィスの法人口座開設実績インタビューページの目次へ

BACK TO TOP
ページ先頭へ