コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > よくあるご質問 > 変更・解約 > 法人設立または会社名や屋号を変更する時の注意点はありますか?

法人設立または会社名や屋号を変更する時の注意点はありますか?

新規で法人を設立されたり、社名や屋号の変更される場合は、使用予定の社名・屋号が、使用可能か当社に事前に確認・許可を得てください。

まず法的な問題ですが、同じ住所に同じ社名の法人は登記できません。
※「株式会社●●」と「●●株式会社」のように、”株式会社”の位置が違えば同一商号とはみなされません。

続いて、当社のオペレーション上の理由ですが、こちらは法律的に問題ない場合でもお断りをすることになります。
例えば「ABCコンサルティング株式会社」、「株式会社ABCコンサルティング」、そして個人事業主としての「ABCコンサルティング」、この3つの組織は理論的には同じ住所で活動することはできます。しかしながらこの酷似した名称の3つは区別することが難しいため、当社のオペレーションが正しく行えません。具体的には郵便物の受け取りです。送り主が法人格の位置を100%正しく記載してくれるとは言えません。前後したり省略されることも多々あります。郵便物が届いた際に、同じ社名や屋号が複数あるとどなた宛の郵便物なのかが判別できない可能性があります。大切な郵便物を違う契約者の方に誤って送付してしまうと事業上大きな損失を与えかねませんので、予めお断りさせていただきます。

注意事項

当社の郵便物転送業務等に支障をきたす場合は、再度社名・屋号の変更を行っていただきます。

皆様の郵便物を確実にお届けするために何卒ご協力をお願いいたします。

BACK TO TOP
ページ先頭へ