起業をする方へ「コワーキングスペースとは」

コスト削減を考える経営者様は、コワーキングスペースの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースという言葉は、すでに一般的に認知されている言葉となりつつあります。 ネット検索でコワーキングスペースという言葉の検索ボリュームは増加傾向にあり、それらについての説明や紹介といったサイトを見つけることは難しくありません。東京都内に多数存在するそれらをまとめているブログなども散見されています。 このようなサイトの中では、どういうわけか「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」を別のものとして扱っているケース、または比較させているケースが多いのが気になる点ではあります。弊社としてはレンタルオフィスは比較対象、シェアオフィスは同類であると考えています。「コワーキング」を英語で書くとCO-WORKINGとなり、このCoというのは例えば共同創業者をCO-FOUNDERと呼ぶのと同様に「共同」を意味します。「CO」の後に「ワーキングスペース」が入ると、「共同で仕事をする場所」ということになり、これは「シェアオフィス」と同じ意味になるでしょう。 コワーキングスペースと呼ばれるオフィスの形態は、時代の流れと共に組織に縛られない働き方をするような人達(フリーランスやクラウドワーキング、ノマドワーキング等々)の増加に伴いよく聞く言葉となったように、組織に属す必要がなく個別に仕事を行う人が利用するケースが主流でした。 あるいは、単純にコスト削減などのメリットとしてわかりやすい側面が全面に出ることが多かったとも言えますが、2015年現在の主な考え方には、「能力ややる気にあふれた人達、競争相手や全く違う畑の経験者などが集まることによって得られる刺激や相互紹介」等が本当の意味でのメリットとしてあげる人が増えているようです。