サラリーマンからの脱出、第一歩は「会社の飲み会に行かない事!」

2014年09月01日
Category :

今回から、このコラムを担当させて頂くことになりました、Brew株式会社の原です。

会社は、法人向けの研修会社と、その他研修講師の育成などをさせて頂いております。

周囲からは、「研修講師のソムリエ」「講師の目利き」などと呼ばれております。

サラリーマンからの脱出

さて、今回のテーマ「サラリーマンからの脱出」です。

多くの方が、「チャンスがあれば起業したい!」とか「あいつも起業したから俺も!」さらに「こんな会社にいたくないから早く起業!」とお考えかと思います。こうした声は色々なところで聞くことでしょう。

しかし、そんな方に大きな声でしっかり聞いてみましょう!「具体的な退職日、もしくは創業の期日は?」

多くの方が、「うーん、3年後ぐらい・・・」「お金が溜まったら・・・」「準備が整ったら」と、もごもごしてしまうでしょう。

実はこれ、私もその経験者でした。はい、まさにこの通りでした。

でもこうして今は(ようやくですが)独立して起業するところまで辿り着きました。

そんな私が、どれだけサラリーマンをやめるのに石橋を叩きまくったか、曖昧なままサラリーマンを続けてしまったか、そこからどうやってシフトアップしてきたか、そんなことをこれからお伝えしていきたいと思います。

では、今回、初の寄稿ですが、最初に何をお伝えしようか、考えてみました。

会社の飲み会を断ると起業につながる

私がまず、おススメするのは、「会社の飲み会を断ること」です。

サラリーマンからの脱出、第一歩は「会社の飲み会に行かない事!」

会社の飲み会を断ることが、なぜ起業、にどうつながっていくのか???

3つの点で、私はこれをお勧めしております。

1つ目は、会社の中の愚痴を言い合うような「甘ったれた環境」もしくは傷を慰め合うような「発見のない環境」から脱出する事ができるからです。でも、どうしてそういったよくない環境から脱出する必要があるのか。それは起業後の孤独な環境に耐えられるか自己診断できるからです。起業したら、「仲間はいなくとも1人でやっていける環境」に身を置けるかどうか、「苦しい状況、苦境になっても1人で立ち向かっていけるか!」といった自分の精神を試すことができるからです。

2つ目は、「起業アイディアの探索」のためです。いつも会う人、いつも通る路、いつもの行く店、これはこれで安心してリラックスできる環境かもしれません。しかし、こうした「いつもの世界」では、新しいアイディアはなかなか降ってこないと思います。仕事では会わない人、異文化、異なる時間に身を置く事を、嫌がらずに、怖がらずに、試していくことです。それが、「自分にはこんな強みがあるんだ」と気付くこともあるでしょう。「世の中には会社以外にもこんな仕事があるのだ」と知ることあるでしょう。

そのためにも、「会社と自宅という環境」「会関連中心の人間関係」というルートを外れる必要があるのです。

3つ目は、起業家になると一番大事な「時間」の価値を考え直す機会となるからです。会社の飲み会を断ることで、その時間が空きます。空いた時間で、何か新しい事を始めることもあるでしょう。そうすると、会社の仕事を時間内に終わらせる、飲みに行くとしても目的が明確な飲み会に参加する、ということが出てきます。こうした空いた時間をどう使うか、あるいは空いた時間をどう捻出するか、といったことを繰り返すことで、「時間の価値」に気付くことになります。
起業家に一番大事なリソースは何か?尋ねると、半分以上の方が「時間」と答えると思います。起業すれば、総務、経理、IT、法務、すべてが自分でやることになります。時間はいくらあっても足りないものです。時間の価値をサラリーマン時代に少しでも体感しておきたいものです。

いかがでしょうか。

会社の業務をダラダラと残業してやっている、なんとなく疲れたのでそのまま会社のメンバーと呑みに行っている、長時間無駄に飲み続けて疲れてしまっている、、、

まずは、そういった自分の環境を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。

つづく

Brew株式会社 代表取締役 原 佳弘

東京のシェアオフィスはナレッジソサエティ