コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > 採用情報 > 副業を始めて3ヵ月~開業届の提出と日商簿記3級の学び直し~

副業を始めて3ヵ月~開業届の提出と日商簿記3級の学び直し~

[投稿日]2021年03月22日 / [最終更新日]2021/06/08

副業を始めて3ヵ月~開業届の提出と日商簿記3級の学び直し~

ナレッジソサエティでは、週休4日制の起業家正社員®という人事制度を採用しており、「起業したい!」というスタッフの夢をサポートする体制が整っています。2020年4月に私もこの人事制度の下で働き始めましたが、2021年からは個人事業主として副業も始めることにしました。今回は【開業届の提出と日商簿記3級の学び直し】というテーマで記事を書きましたが、これからなんとなく副業を始めようと考えている方に少しでも役に立つ内容になればと思っています。

 

業務委託契約で会社からライティングの仕事をもらう

2020年10月、代表の久田から「時間外でライティング業務をしないか?」と持ち掛けられ、業務委託契約を結び、少しずつ記事を執筆していました。今年1月に入り、ある程度の記事が書き終わったため、ひとまずまとめて納品することにしました。最初は確定申告の必要がない程度、自分の中ではお小遣い程度の収入となる予定でしたが、文字単価で契約していることもあり、このままのペースで仕事を受注すると年間所得が20万円を超える可能性があることが判明しました。そのため、ひとまず開業届と青色申告承認申請書を提出することに決めました。営業手当というような形で給与と一緒に支給してもらう選択肢もあったのですが、もともと起業することを目標に入社したため、せっかくであれば自分の副業を通じて経理も勉強できればと思い、業務委託契約にしていました。しかし、まさか1年目からその必要が生じるとは…。嬉しい誤算でした。

 

開業届を提出

開業届や青色申告承認申請書の作成は【開業freee(フリー)】を使用してみました。以前開業届や青色申告承認申請書の書き方はひと通り調べてまとめていましたが、ナレッジソサエティで勤務する中で内覧(サービス説明)の際に入会希望者の方からfreeeについて質問されることもあったため、実体験をもとにfreeeのメリット・デメリットを伝えられればと思い、使ってみました。

感想はひと言。「超簡単」でした。勤務の休憩時間中、食後のわずかな時間に終わってしまったので、書類を作成するだけなら30分も掛からないと思います。住所情報や事業内容、想定の年収などを質問に沿って入力するだけで開業届と青色申告承認申請書のPDFが作成されました。マイナンバーカードと対応のカードリーダーがあれば、そのままe-TAX(国税電子申告・納税システム)で申請ができたのですが、マイナンバーカードを申請中だったため、郵送で開業届と青色申告承認申請書を提出することにしました。(後日最寄りの税務署から控えが返送されてきました。)

 

日商簿記3級を学び直すことに

さて、書類の提出後、実際に経理の勉強も兼ねて取引の仕訳をしようと思ったのですが…。「帳簿って何を用意すればよいのか?」「銀行振込で入金された場合、仕訳の項目ってどうすればよいのか?」と初歩的な疑問で脳内が支配されました。そもそも私自身はお金の管理が苦手で、給与天引きの積立預金でしかお金を貯められず、家計簿的なものをつけても1ケ月続かないようなタイプです。今まで高校で「政治・経済」などの科目を教えてきましたが、計量政治学や政治心理学を主に専攻していたため、ざっくりとした経済活動を理解して教えることはできても、経理の知識はほとんどありませんでした。

ところがある記憶が蘇ります。「確か俺大学2年生の頃に日商簿記3級に合格してたんだよな…。」2010年は複数の資格を取るというざっくりとした目標を立て、簿記と宅建の資格勉強をしていたことを思い出しました。さすがに当時使っていたテキストはもう処分してしまっていたため、Amazonで以前使っていたものと同じ簿記のテキストを探し、最新版を購入することに決めました。

 

購入した書籍はこちらです。(これは宣伝でもなんでもなく、学生時代にわかりやすかったため購入しました。)

『スッキリわかる 日商簿記3級 第12版』(滝澤ななみ)

スッキリわかる 日商簿記3級 第12版 [テキスト&問題集]

 

学生時代はもう少し厚みが薄かった気がしますが、少しずつ仕事の休憩時間等を使って読み進めていきました。おそらく学生時代の版にはなかったと思いますが、「スタートアップ講義」という形で簿記の一連の流れが巻頭に掲載されていました。これはおすすめです。日々やること(取引が生じた際にやること)、1ケ月ごとにやること、1年ごとにやることといった形で簿記の全体像が把握できるので、やるべきことが明確になりました。

 

実際に様々な取引の処理をしてみました!

ある程度テキストを読み進めたところで現時点で発生している取引に関して処理をすることにしました。

 

副業を始めて3ヵ月~開業届の提出と日商簿記3級の学び直し~

 

記事を納品し納品先から銀行振込で入金があった場合の処理

開業後、最初の取引は下記の通りです。

・2021年1月4日に会社に対して記事の納品とあわせて請求書を発行(※)し、2021年1月25日に会社から指定した口座に振り込みがあった。

※仕訳は財貨の移動などがあった場合に行うため、請求書発行時ではなく納品時に行います。ライティング業務の場合は記事を納品したタイミングで記帳すると良いみたいです。

まず、仕訳帳には下記の通り記載しました。ちなみに仕訳帳とはすべての取引を日付順記録する帳簿のことを言います。

【仕訳帳】

日付

借方勘定

科目

借方金額

貸方勘定

科目

貸方金額

摘要

1/4

売掛金

A円

売上

A円

(株)ナレッジソサエティへ

掛け売上

1/25

普通預金

A円

売掛金

A円

(株)ナレッジソサエティ

より入金

 

次に、仕訳帳に記載した内容を総勘定元帳に転記します。総勘定元帳とはすべての取引を勘定科目ごとに記録する帳簿のことを言います。仕訳帳と総勘定元帳は複式簿記の主要簿となるのでまずはこの2つをしっかり準備することがスタートになります。

 

【総勘定元帳】

★売上

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/4

売掛金

(株)ナレッジソサエティへ

掛け売上

 

A円

A円

★売掛金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/4

売上

(株)ナレッジソサエティへ

掛け売上

A円

 

A円

1/25

普通預金

(株)ナレッジソサエティ

より入金

 

A円

0円

★普通預金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/25

売掛金

(株)ナレッジソサエティ

より入金

A円

 

A円

 

最後に、仕訳帳と総勘定元帳を補う目的で補助簿も用意します。開業freeeを使用して作成した青色申告承認申請書を改めて確認すると、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳、預金出納帳にチェックが入っていましたので(本当は提出前に確認すべきですが(笑))最低限これらを用意しておこうと思います。今回の取引で記帳が必要になるのは売掛帳と現金出納帳のため、下記の通り記帳しました。

【売掛帳】

日付

摘要

借方

貸方

借/貸

残高

1/4

掛け売上

A円

 

A円

1/25

売掛金の回収

(株)ナレッジソサエティ入金

 

A円

0円

【預金出納帳】

日付

摘要

預入

引出

借/貸

残高

1/25

売掛金の回収(株)

ナレッジソサエティ入金

A円

 

A円

 

会社からの業務委託以外にも事業を開始

さて、当初は会社との業務委託契約に基づくライティングがメインでしたが、他の事業にも取り組むことになりました。具体的には、教育の情報配信ウェブサイトの運営と知人のアトリエのサポートです。教育の情報配信ウェブサイトの運営は、私が共感した教育活動を行っている学校や学習塾を中心に情報を配信する事業です。当初は無料掲載で勉強法なども一緒に掲載し、いずれは掲載の有料化も検討しています。こちらのホームページの制作は同僚に依頼することにしましたので、当初はこうした制作費用やサーバー購入費などが経費として発生します。当面は会社から受注するライティング業務の収入をこれらの経費に充てていく形になります。

知人のアトリエのサポートに関しては、以前スポットでパンフレットや名刺の作成を代行したことがありました。こちらは利益度外視でお小遣い程度の料金で受注したのですが、本格的にいろいろなことに取り組みたくなったようで、ラベルシールの作成やカレンダーの作成など、定期的に仕事をお願いされることになりました。そのため、知人という安心感や相談のしやすさをウリにすることで、ある程度収益が見込める形の料金設定に変更することで合意しました。

 

サーバー購入費やホームページの制作代行の経費精算

教育の情報配信ウェブサイトの運営については、サーバーの契約後、ホームページの制作を既にウェブサイトを運営している週休4日制の起業家正社員®に依頼しました。今回発生した取引は下記の2点です。

・2021年2月11日にG株式会社よりサーバー購入し、個人用のクレジットカードで決済を行った。

・知人Kにホームページの制作を依頼し、2021年3月16日に納品、同年3月19日に銀行振込で支払いを行った。

スク選Navi

 

仕訳帳には下記の通り記載しました。

【仕訳帳】

日付

借方勘定

科目

借方金額

貸方勘定

科目

貸方金額

摘要

2/11

通信費

B円

未払金

B円

G株式会社より

サーバー購入

(クレジットカード支払い)

3/16

広告宣伝費

C円

未払金

C円

知人Kより

ホームページ納品

3/19

未払金

C円

普通預金

C円

普通預金口座から

知人Kに支払い

3/27

未払金

B円

普通預金

B円

普通預金口座から

サーバー購入代引き落とし

 

次に、仕訳帳に記載した内容を総勘定元帳に転記します。

【総勘定元帳】

★未払金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

2/11

通信費

G株式会社より

サーバー購入

(クレジットカード支払い)

 

B円

B円

3/16

広告宣伝費

知人Kより

ホームページ納品

 

C円

B+C円

3/19

普通預金

普通預金口座から

知人Kに支払い

C円

 

B円

3/27

普通預金

普通預金口座から

サーバー購入代引き落とし

B円

 

0円

★通信費

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

2/11

未払金

G株式会社より

サーバー購入

(クレジットカード支払い)

B円

 

B円

★広告宣伝費

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

3/16

未払金

知人Kより

ホームページ納品

 

C円

C円

★普通預金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/25

売掛金

(株)ナレッジソサエティ

より入金

A円

 

A円

3/19

未払金

知人Kより

ホームページ納品

 

C円

A-C円

3/27

未払金

普通預金口座から

サーバー購入代引き落とし

 

B円

A-C-B円

最後に、今回の取引で必要な経費帳と預金出納帳を下記の通り記帳しました。

【経費帳】

★通信費

日付

摘要

現金

その他

3/27

G株式会社よりサーバー購入代支払い

 

B円

★広告宣伝費

日付

摘要

現金

その他

3/19

知人Kへホームページの制作代金支払い

 

C円

【預金出納帳】

日付

摘要

預入

引出

借/貸

残高

1/25

売掛金の回収

(株)ナレッジソサエティ入金

A円

 

A円

3/19

知人Kへホームページの

制作代金支払い

 

C円

A-C円

3/27

サーバー購入代支払い

 

B円

A-C-B円

 

ラベルシール作成の売上の計上

知人のアトリエのサポートについてはラベルシールの売上を計上します。なお、本来はラベルシールの元シートの仕入れやプリンタのインクなども経費として計上したかったのですが、ラベルシールはもともと個人的に別の用途で購入したものの余りで、プリンタも家庭用と併用のため、今回は経費を計上しませんでした。

・2021年2月3日、知人Jにラベルシールを納品し、同年2月12日に普通預金口座に入金があった。

ラベルシール作成

 

仕訳帳には下記の通り記載しました。

【仕訳帳】

日付

借方勘定

科目

借方金額

貸方勘定

科目

貸方金額

摘要

2/3

売掛金

D円

売上

D円

知人Jへ掛け売上

2/12

普通預金

D円

売掛金

D円

知人Jより入金

 

次に総勘定元帳には下記の通り転記しました。

 

【総勘定元帳】

★売上

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/4

売掛金

(株)ナレッジソサエティ

へ掛け売上

 

A円

A円

2/3

売掛金

知人Jへ掛け売上

 

D円

A+D円

★売掛金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/4

売上

(株)ナレッジソサエティへ

掛け売上

A円

 

A円

1/25

普通預金

(株)ナレッジソサエティ

より入金

 

A円

0円

2/3

売掛金

知人Jへ掛け売上

D円

 

D円

2/12

普通預金

知人Jより入金

 

D円

0円

★普通預金

日付

相手勘定科目

摘要

借方

貸方

残高

1/25

売掛金

(株)ナレッジソサエティ

より入金

A円

 

A円

2/12

売掛金

知人Jより入金

D円

 

A+D円

3/19

未払金

知人Kより

ホームページ納品

 

C円

A+D-C円

3/27

未払金

普通預金口座から

サーバー購入代引き落とし

 

B円

A+D

-C-B円

 

最後に、今回の取引で必要な売掛帳と預金出納帳を下記の通り記帳しました。

【売掛帳】

日付

摘要

借方

貸方

借/貸

残高

1/4

掛け売上

A円

 

A円

1/25

売掛金の回収

(株)ナレッジソサエティ入金

 

A円

0円

2/3

掛け売上

D円

 

D円

2/12

売掛金の回収 知人Jより入金

 

D円

0円

【預金出納帳】

日付

摘要

預入

引出

借/貸

残高

1/25

売掛金の回収

(株)ナレッジソサエティ入金

A円

 

A円

2/12

売掛金の回収 知人Jより入金

D円

 

A+D円

3/19

知人Kへホームページの

制作代金支払い

 

C円

A+D-C円

3/27

サーバー購入代支払い

 

B円

A+D

-C-B円

 

さいごに

副業を始めてから3ヵ月ほど経過しました。3月からナレッジソサエティでの働き方が変わったため(週休4日制ではなく週休2日制を選択しました)、副業に充てられる時間がやや減ってしまっているのも事実です。しかし、スキマ時間や休日を活用して副業に取り組むことはもちろん、開業届や青色申告承認申請書を提出することで簿記を学び直す機会を得るなど、充実した毎日を過ごしております。今後も定期的に副業に関する情報も更新できればと思っておりますので、ぜひブログをご覧いただければと思います。

また、週休4日制から週休2日制になって感じることは、「起業するためのまとまった時間を確保するなら週休4日制という選択肢がベスト」ということです。ぜひ当社の週休4日制に興味を持った方はご応募いただければと存じます。

 

 

ナレッジソサエティの週休4日制の求人応募はこちらから

BACK TO TOP
ページ先頭へ