スタッフブログ

起業家を支援するナレッジソサエティ

カテゴリー:スタッフ関連

2018年納会レポート~2019年もよろしくお願いいたします~


2018年納会の写真

九段下のシェアオフィス・バーチャルオフィスのナレッジソサエティの渡部です。

新年あけましておめでとうございます。

2018年のシェアオフィス業界は、多数のシェアオフィスがOPENしたことや、渋谷・原宿エリアのシェアオフィスがテレビに取り上げられたことで業界全体の認知度が向上しました。

当社は、社内の体制の変革や2019年に向けて色々な種をまいた1年でした。

2019年もたくさんの起業家の皆様の経営にお役に立てるように尽力いたします。

 

ナレッジソサエティは12月29日~1月3日の休館日を経て、本日より通常営業を再開いたしました。

施設の見学やお問い合わせもドシドシ受付中です!

 

さて、本日は昨年末に納会を行いましたのでその様子を報告いたします。

焼き肉

3.5kgの肉

すべてを焼き肉にしました。

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

※右2名はグループ会社である、(株)ピースボイスエンターテイメントの大城さん(真ん中)と山本さん(右)

利き酒

当社では目を隠した状態で白ワインと赤ワインを見分けることが流行っております。

今回は赤ワインの中でライト、ミディアム、フルボディの3種類の味を見分けることに挑戦しました。

毎日お酒を飲んでいる者からお酒を全然飲めない者8名が挑戦しました。

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

結果はお酒を全然飲めない者1名だけが3種類を見分けることができました!

締めの蕎麦

締めはやっぱり蕎麦ですよね!

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

2018年納会の写真

 

2019年もよろしくお願いいたします!!

2018年納会の集合写真(モノクロ)

東洋学園大学にて臨時講師を務めました


東京千代田区九段下にあるコワーキングスペース、シェアオフィス、バーチャルオフィスを運営するナレッジソサエティの渡部です。

6月末に母校の東洋学園大学にて臨時講師を務めてまいりました。

 

担当科目:人間科学基礎演習A

受講学生:人間科学部の2年生 100名×2コマ

人間科学基礎演習Aは人間科学部の学生の必修科目であり、今回の特別授業は社会人の話を聞いて進路を考える機会として設けられたそうです。

お伝えした内容

【プログラム】

Part1 卒業生の話①:社会福祉法人亀戸ふれあいセンター 副所長 瀬藤尚史

Part2 卒業生の話②:株式会社ナレッジソサエティ 執行役員 渡部貴浩

Part3 質疑応答

 

【お伝えした内容】

人間科学部のキーワードが「人を支える人になる」であり、特別授業のねらいが「進路を考える」なのでこんな目標を立てました。

 

学生の視野を広げる

 

色んな企業があること。
色んな仕事があること。
そして、社会人は楽しいこと。

就職活動をする時に就活サイトでピックアップされた企業だけではなく、まだまだ知らない仕事や会社があることを理解していただき、選択肢を増やすことを目標としました。

 

【トピック】

①これまでの仕事
②現在の仕事
③仕事のやりがい、楽しいこと、苦しいこと
④学生時代に経験した方が良いこと5つ

 

①これまでの仕事

ウォータサーバーやショップ店員やアパレルの営業をやってきたことをお話しました。

チャラチャラしていた23歳の私です・・・

 

②現在の仕事

ナレッジソサエティとは、起業する人を応援する会社であると紹介しました。
起業する人にとって大きな障壁が、オフィス賃料です。その問題を「シェア」という切り口で低価格で使えるようにすることにより、起業にチャレンジしやすくなり、チャレンジャーを増やし日本を元気にする会社です。

 

続いてシェアオフィス・バーチャルオフィスの解説を行い、担当の仕事についてお話しました。

弊社は部署が分けられていませんが、わかりやすく伝える為に部署単位でお話をしました。一般的な企業では1つの部署の仕事を担当しますが、少人数の会社なので4つの部署の仕事に携わっていることを話した時に学生が驚いていました。

 

営業部とは、商品やサービス等を売ることであり、会社にとって最も大切なこと。
当社では施設の内覧やサービス説明が主な営業の仕事です。

 

企画部とは、どうしたらたくさんある会社の中から自社を選んでもらえるか?を考えること。
当社では著名人を呼んだ講演会やビジネスに役立つセミナーや交流会を開催し、バーチャルオフィスに興味を持っていただけそうな客層を集めております。

代表的なセミナー:100名以上にお越しいただいた「クラウドワークスアンバサダー就任記念セミナー

 

人事部とは、一緒に働く仲間を集めること。仲間を育てること。
採用サイトの活用や面接を行うことや一人前に育てるために研修を行っています。

 

広報部とは、会社の活動をお知らせすること。
新サービスや人事制度「週休4日制正社員募集」のプレスリリースを書いたり会員向けにメルマガの発行やメディア対応をしています。

 

③仕事のやりがい、楽しいこと、苦しいこと

仕事のやりがいはこれらを話しました。

・会社の成長を実感したとき
・自分の成長を実感したとき
・お客様、同僚から言われる「ありがとう

3番目の「ありがとう」が一番大きなやりがいです。

やりがいを語るエピソードでは、今年4月に開催した屋形船での交流会を紹介しました。

弊社サービスとは関係ない場所で開催する交流会に集まっていただきました。年度始めの忙しい時期にも関わらず参加いただいた会員の皆様や各種関係者の楽しそうな笑顔やありがとうの言葉が嬉しかったです。

 

他には中小企業のおもしろさも話しました。

・経営者との距離が近い
・仕事を複数担当
・自分の影響がわかりやすい
・同じ志を持った仲間が集まりやすい
・フットワークが軽い

大企業には大企業の特徴もありますが、小さな会社にも良いことがたくさんあることを知ってもらうことで視野を広げられたらと思います。

 

④学生時代に経験した方が良いこと5つ

実はこちらでは学生時代にやって良かったことを話すよう指示がありましたが、私の経験で社会人になってから役に立ったことを思いつきませんでした(笑)

なので社会人になってからの私の経験から学生時代に経験しておけば良かったことや仕事で役に立つと思っていることをお伝えしました。

 

1.インターンシップ

まず働きだしたら経験することが難しくなります。

そして経験することが何よりも一番身になると思うからです。

学生の感想にもありますが、私も会社で働くことはとても苦しいことだと思っていましたが、意外と楽しいことも多いです。そのことにも気が付けるきっかけであると思います。

 

2.PCリテラシーを上げる

どんな仕事でもPCを使うので操作に慣れていることに越したことはありません。

私は店舗で販売の仕事もしていましたが売上や在庫管理等でPCを使いました。

WordやExcelの操作やブラインドタッチはもちろん、SNSなどに触れることで流行りのサービスのことがわかります。

これからどんどん便利なサービスが増えるので最新のネットに触れておくことはプラスになるはずです。

 

3.勉強の練習をする

社会に出てからは学校の授業のように教わる機会から自ら学ぶ機会の方が圧倒的に多いです。今のうちに本を読んだり、調べ物をする練習をすると良いと思います。

 

4.酒をめっちゃ飲んでみる

こちらでお伝えしたいのは自分の限界を知り、迷惑をかけないということです。

潰れてしまわないことはもちろん、飲める酒や苦手な酒を知っておくことで翌日の仕事に影響が出ないように対策を打てるからです。

量を飲める必要はありませんが、歓迎会や忘年会などお酒の席は必ずあるのでお酌の仕方や作法など学んで役に立つことがたくさんあります。

私はワインを2本一気飲みして記憶がなくなって(青山の焼肉屋からラフォーレ原宿へワープ)から一気飲みはしないようにすることを学びました。

 

5.合コン

こちらはギャグのように思われますが(実際に学生から毎回笑われました)大マジメなことです!

お伝えしたいことは初対面の人と打ち解ける良い練習になるということです。

会社に入ると同僚はもちろん取引先などたくさんの人と出会うので学生の内からコミュニケーションを取る良い練習になります。

あとは純粋に楽しいですよ(笑)

 

まとめると、これらをお伝えしました。

・ウォータサーバー、アパレル、シェアオフィス・バーチャルオフィス業界のこと
・営業、企画、人事、広報4つの部署の仕事内容
・学生時代に経験した方が良いこと

質疑応答

質疑応答の一部です。

 

Q.資格があると面接で有利ですか?

A.企業の採用方針によりますが、当社の面接では持っていなくても問題ありません。
「履歴書が資格でビッシリ埋まる=良いこと」だと思われがちですが仕事に関係ない資格であれば特にプラスにはなりません。
例えばアパレルショップの面接を受けるときにフグを捌ける免許をアピールしてもすれ違うでしょう。
しかし、会話のきっかけになるのでリアクションをどう取るかでプラスにもなります。
あと、資格がないと法的にNGな仕事なのであれば取らないといけませんが不必要であれば資格は持っていなくても良いと思います。簿記の資格がなくても経理を行うことはできます。資格を取ることが目的にならないように気を付けてください。

 

Q.読んだ方が良い本を教えてください。

A.「入社一年目の教科書」マナーや仕事の進め方を学べる本です。
「ドリルを売るには穴を売れ」マーケティング初心者向けの本です。お客様が何を求めるものなのか考えることの大切さを学べる本です。
この2冊はどんな仕事でも普遍的に活用できることを学べるので紹介しました。

 

Q.バイトを複数経験するのと1つを続けるのと面接でどちらが有利ですか?

A.企業の採用方針によりますが、当社の面接ではどちらが有利かは変わりません。
資格の話と同様に会話のきっかけになるのでリアクションをどう取るかが大切です。

 

Q.転職回数は面接に影響ありますか?

A.企業の採用方針によりますが、当社は特に気にしていません。
私自身多いですし、新卒一ヶ月で辞めた人が現在社員で働いています。転職の理由が真っ当であったので採用に至りました。

 

Q.インターン先の選び方を教えてください。

A.インターンの目的を達成できる企業を選ぶと良いです。
「大企業の仕事を知りたい」「ベンチャー企業の仕事を知りたい」「●●が体験できる」など、まずはご自身の目的を決めることから始めて、その目的を達成できる会社のインターンを体験してください。

 

Q.今の会社に入社を決めた理由を教えてください。

A.ストックビジネスであり、候補の中で一番難しそうな仕事だったからです。
アパレル時代のフロー型ビジネスで苦しんだので真逆の働き方を求め、その上で経営者が相手で難しそうだから成長できると思ったからです。
ここだけの話、入社当時は起業に興味はあまりありませんでした。

学生の感想

・飲み会や打ち上げが苦手だから向き合い方を知りたい

・同級生、同じゼミ卒業でも経歴や現職が全然違うことに驚いた

・2人の話からコミュニケーションが大切ということを思った

・スライド作成にどれくらい時間かかったか?自分が苦手なので
 →1時間くらいです。PCで作業しがちですが、具現化しやすい紙とペンで下書きを始めることをお勧めします。

・合コンや酒の限界を知るというトピックを聞いたときはふざけていると思ったが、理由を聞くととても納得した

・2人ともプレゼンが上手で緊張していなかった。コツがあったら聞いてみたい
 →おそらく慣れだと思います。普段からお客様の案内をしており、それが1人から大人数になっただけでやることは同じですよ!ゼミの担当教授によると特別目立つ学生ではなく話すこともずば抜けていたわけではないそうです。

・学生時代のプランと現状が違うことがわかった

・2人みたいにスラスラ話せるようになりたいと思った

・仕事ではなくフットサルや合コンからも学ぶことがあると知り勉強になった

・持っていた方が良い資格について聞いたところ、何をしたいかの目的によって0でも良いという意見が参考になった

・面接で資格が武器になると思っていたがそうではなかった

・視野を広げるため学生の内に体験できるインターンを受けようと思った

・知らなかった職業を知れて視野が広がった

・大企業のことしか知らなかったが中小企業のリアルなことを聞けて会社選びの参考になった

・起業家やフリーランスの存在は知っていたがオフィス面でサポートする職業を初めて知った

・自分が興味ない授業でも受けることによって新たな発見と出会う可能性があるというアドバイスが良かった

・趣味を仕事にすると決めていたが、ストレス発散のために趣味は取っておいて良いかと思った

・自分に足りないものや身につけたい能力を知ってそれを育てるための仕事に就くことも良いかと改めて考えた

・将来の選択肢が1から2以上に増えた

・大企業の方が良いと思っていたけど中小企業の良さを知れた

・社員3人の会社があることに驚いた

・高校の時はインターンをなんとなく体験しただけだったが、大学生の今では目的を持ってインターン先を選ぼうと思った

・仕事を楽しんでいる

・会社で働く=ガチガチしているイメージがあったが「ずっとフルパワーで真面目に働くわけではない」ということを聞いて仕事への不安が和らいだ

・社会人は辛くて時間のないものだと思っていたが、遊んでいる話を聞けたり平日にも関わらず会社を抜けて授業をしていることで意外と時間があることがわかった

・転職は悪いことではないと思えた

・1つの仕事を辛くても長く続けることが大切だと思っていた

・転職はネガティブなイメージがあったが2人とも3回以上転職して現職が一番良いと言っているのでポジティブなイメージも持てた

・1つの仕事を定年まで続けることが当たり前だと思っていたけど転職もちゃんと理由があればよいものだと思った

・ステップアップのための転職は良いことと感じた。面接でも転職回数が気にする企業もあれば全然気にしない企業もあることを知れた

・資格の数が武器になるのではないことを聞けて良かった

・2人の資格が少ないことに驚いた

私の感想

①発見したこと

まず、1つの企業で働くことが一般的であり、転職をネガティブなことと思っている学生が多かったです。

個人的にステップアップや視野を広げる為なら転職は良いことだと思います。働いてみてわかることがほとんどですから。

ドラゴンクエストでも戦士と魔法使いを極めると上級職の魔法戦士になれるように異なる仕事を経験することで新たにできることが増えます。

私自身が転職回数が多いので転職しても平気、逆に良いこともあるとポジティブなこともあると思っていただけると幸いです。

 

次に、週休4日制度に注目する学生が多かったです。やはり休みが多いことはインパクトがあったようです。

決してギャグや奇抜な制度ではなく理由があって行っている人事制度です。

興味ある方はこちらをご覧ください。

採用情報

週休4日制社員の1日

 

②目的の達成

・1つの企業でずっと勤めることが当たり前と思っていた学生に転職の良さを伝えることができたこと

・週休4日制の会社があるという新たな発見に繋がったこと

・会社で働くことが楽しそうと思ってもらえたこと

・中小企業の良さも知ってもらえたこと

・将来の選択肢が増えたこと

以上の感想から私の目的であった「視野を広げること」が達成できて良かったです。

 

③今後に活かせること

私の仕事では学生と触れる機会はほとんどないので多くの発見がありました。

 

1. 3倍丁寧にわかりやすくする作業が必要

仕事の経験や知識がないことを前提で話をするのでわかりやすくするために噛み砕く作業をたくさん行いました。

特に専門用語をできる限り使わないようにしました。

シェアオフィスやバーチャルオフィスについて知らない方も多いので、そういった方々にどうすればわかりやすく伝えられるか?どうすれば疑問が生まれない説明ができるか?を改めて考える良い機会になりました。

 

2.ネガティブな意見をもらえることに感謝

人事部の仕事の説明で、「弊社にはAという特徴を持った人が合い、反対に大手ファストフード店●●には真逆のBという特徴を持った人が合う。」

会社によって求める人材像が異なるということを話をしました。

ただ、こちらの意図が伝えられず「そのファストフード店で働いている人に失礼ではないか?」との厳しい意見を頂戴しました。

今後はもっと丁寧に説明しようと思います。

今回の意見を頂戴しないと次回お話する際も同じ言い回しをしてしまうので、練り直す機会をいただき成長につながりました。

あと、それほど真面目に聞いていただいたことも嬉しいです。

 

3.私が知っていることは誰かの知らないこと

資格やバイトの数が面接にどう作用するかは人事の仕事をするまでわかりませんでした。今では当たり前のように思っていることも昔は未知のことだったと思い出しました。

学生向けに発信するメディアを立ち上げれば学生の役に立てるかもしれません。
このように誰かの不を解消することが事業やサービスが生まれるきっかけなんだろうなあ…と思いました。

さいごに

起業支援や洋服の販売や瀬藤君の福祉関係は全く異なる領域の仕事ですが、人を支える仕事であることは同じです。今回の授業を受講した学生の視野が広がり、仕事のことを考えるきっかけになれればと思います。

そして自分に合う会社に就職できることを応援しています。

また、今回声をかけてくださった学生時代にお世話になった塩谷教授に「成長したな!」と思っていただけたら嬉しいです。

 

東洋学園大学の記事はこちら

社会人の先輩2名を招いた「人間科学基礎演習A」特別授業の様子

 

塩谷隼平教授についてはこちら

人間科学部教員紹介

授業について解説動画

【働き方改革】週休4日制正社員の1日の流れ


週休4日制,週休三日

こんにちは。
九段下のシェアオフィス、バーチャルオフィスの株式会社ナレッジソサエティ 執行役員の渡部です。

ナレッジソサエティとは起業家、経営者を応援する会社です。
起業家向けの会員制シェアオフィス、バーチャルオフィスを運営しています。

シェアオフィスやバーチャルオフィスは賃貸オフィスより手頃で自宅より信頼性があり、安心できるオフィスです。

そんなナレッジソサエティでは一風変わった人事制度で正社員を募集しております。

その人事制度とは日本で唯一の「週休4日制」です。

※自社調べ

ナレッジソサエティで週に3日働いて安定収入や経営知識を得ながら、週に4日ある休日で自身の夢に向かって頑張っていただく人事制度です。

誰もが知っている大手IT企業や大手運送業の週休3日制よりも1日休みが多いのです!
働き方改革としてリモートワーク、長時間労働の緩和などが多数の企業で行われていますが、弊社では休日が圧倒的に多いです。

このような方に向けた人事制度です。
 「起業したいけど、普通に働いていたら時間が取れない………」
 「アルバイトをしながらでは軌道に乗るまで収入が不安だ………」

こちらの人事制度では2017年6月に1名入社しました。
その社員とは…

 水野智也(24歳)です。 
 大学卒業後、食品物流の会社に新卒入社しました。
 その後、ナレッジソサエティに転職しました。

 将来の夢は起業してリユースに関する新たなシステムを作りたいです。
 具体的には、まだ使えるモノや食品ロスを循環させる手立てを、
 インターネットを通じて実現したいと考えています。

水野についてはこちらで詳しく紹介しております。
週休4日制正社員について

 

現在も募集をしていますが、面接の中でよく同じ質問をいただきます。

Q.1日の業務の流れを教えてください。

ざっくりではありますが、
朝から夕方まではお客様対応と雑務をメインに行います。
夕方以降はマーケティング業務を行います。

(一週間の基本的な労働時間40時間を3日間に凝縮しております。そのため1日の労働時間は長いです。)

質問への答えも兼ねて、週休4日制正社員の1日に密着をしました。

出勤日の1日

8:45 出社・開店準備
 お越しいただく皆様に心地よくお過ごしいただくために清潔感を大事にしています。

週休4日制,週休三日

9:00 新規会員様の契約手続き・書類作成
 新規入会者の書類作成を行います。

週休4日制,週休三日

11:30 会員様とのコミュニケーション
 シェアオフィスにお越しいただいている会員様とは自然と仲良くなります。
 お困りごとを聞いたら解決に向けて全力で考えます。

週休4日制,週休三日

12:00 社内ミーティング
 事前に共有していた議題をもとにディスカッションを行います。

週休4日制,週休三日

13:00 動画スタジオ講習会
 月に1度、オフィス内にある動画スタジオにて動画マーケティングの講習会を行います。
 スタジオにある機材の説明を中心にどのように動画を作るかを教えています。

週休4日制,週休三日

14:00 休憩
 
手作りのスタミナ弁当で気合を入れます。週休4日制,週休三日

15:00 郵便作業
 
約800社会員様の郵送物を仕分けて発送します。

週休4日制,週休三日

18:00 ブログ記事の作成
 お客様のビジネスに役立つ情報を発信します。
 夕方にはお問い合わせが落ち着くので、集中して情報発信を行います。

週休4日制,週休三日

22:00 閉店作業
 明日の営業に向けてメンテナンスを行います。

22:45 退社
 
自身の事業の打ち合わせに向けて今夜は真っ直ぐ帰ります!!

 

このように週休4日制度では、1日に働く時間は一般的なお仕事より長いですが、その分休日が多いです。

水野は休日を活用して起業の準備を行っております。

この週休4日制の人事制度を上手く活用して、
起業する為の時間の確保、軌道に乗るまでの安定した収入の確保、
そして経営知識を養い、夢の実現に向けて頑張って欲しいです。

株式会社ナレッジソサエティでは一緒に働く仲間を募集しています

募集要項

上記の募集要項をお読みの上、担当までご連絡ください。

-------------
電話:03-6272-5627

メール:info@k-society.com

担当者:久田(ヒサダ)、渡部(ワタナベ)
-------------

【求人情報】週休4日制正社員。求めることはこの2点。


こんにちは。

東京千代田区九段下にあるシェアオフィス、バーチャルオフィス運営会社、
株式会社ナレッジソサエティ 執行役員の渡部(わたなべ)です。

ナレッジソサエティでは2017年の4月から一風変わった人事制度で正社員を募集しました。
その結果、知名度の低い企業ながら2か月の採用活動(1媒体)で約30名の応募をいただき、1名の仲間が増えました。

その人事制度とは「週休4日制」の正社員です。

事業拡大に向けて、今月より新たな仲間の募集を開始しました。

特殊な人事制度なのでなにか特殊なスキルを持っていないといけないのでは?

と、懸念される方がいるかもしれません。

シェアオフィス、バーチャルオフィス業界は歴史が浅いです。
さらに私も社長も業界歴は5年程です。どちらも全然異なる業種出身です。特殊なスキルはありません。

入社いただく方には、業界知識でもなく特殊なスキルを持つことよりも、ナレッジソサエティに馴染んでいただくことの方が重要です。

とは言っても馴染めるかどうかなんて…

「求人情報だけではわからない」
「実際話してみないとわからない」

その通りです。

ナレッジソサエティではこれまで20名ほどの方々と働いてきました。
入社して数日で辞めた方や数年間働いている人など様々います。

学生や主婦や独立希望の人や歌手を目指している人、10代や40代など様々な人がいました。
その経験からどんな人が向いているのかを2点お伝えできればと思います。

求人、採用、リクルート

①チームで戦うことができる人

個人の利益ではなく会社の利益を優先することができる人を求めます。

輪を乱すことや自分が良ければそれで良いと考える人では、お客様に喜んでいただけないからです。

ナレッジソサエティでは、施設の提供も重要な仕事の1つです。(机やイスの整理整頓、問い合わせ対応など)
営業時間中はスタッフが常駐する必要があります。

シフト制勤務ですが、基本的なベースは決まっています。
ただし、変則的な勤務になる可能性もあります。

「旅行に行きたいから連休を取りたい」
「結婚記念日なので休みを取りたい」

これらはもちろん可能です。

反対に他のスタッフが休暇のときには助け合うことも必要です。
これができずに自分の休みばかり主張する人は…お断りします。

自分の利益のために同僚に迷惑をかけてしまうこと、決められたルールを守らない行為は認めません。(ルールを正しい方に修正することは大歓迎です)

——
余談ですが…私はサッカーが好きです。

選手の年俸を上げるには個人の成績よりもチームの成績(順位)を上げることの方が重要です。

プロのサッカーチームは順位が高いほど賞金が多く支払われます。
その賞金やスポンサー料から選手の年俸が支払われます。
個人がいくら活躍してもチームの順位が低ければ年俸をあげることは厳しいです。(移籍を除く)

チームの順位が上がると賞金はもちろん増えますが、他にも良いことがあります。
それは順位が上がると注目度が上がり、スポンサーの数や質が上がります。

チームの勝利 → 順位UP → チームの資金増える → 選手の年俸UP

自分の年俸を上げるためにはチームの勝利が必須です。
「得点よりも勝利が欲しい」
「得点王よりも優勝したい」
インタビューでこのように答える選手を尊敬します。
——

②「ありがとう」・「ごめんなさい」が言える人

信用できない人とは一緒に働けません。

ナレッジソサエティで働く人には、
自分が関わった仕事は自分に責任があることを認識して欲しいです。
自分事として考えて責任感を持ちながら取り組んでいただけない方には仕事を任せられません。

仕事を任せられないと他の人に渡ります。すると、担当する仕事が無くなり給料をお支払いすることも難しくなります。

シェアオフィス、バーチャルオフィスは業界の歴史が浅い為、何が正解で何が間違いなのかハッキリしていません。

・良かれと思って行ったことが実は不利益だったこと
・あまり意味ないんじゃないかな?と思って取り組んだことが思わぬ成果に繋がった
などなど多数あります。

これまでもたくさんのチャレンジをしましたが、お客様に喜んでいただくために、今後も色んなことにチャレンジします。
運営者視点、利用者の要望、他社の動向などを見ながら、試行錯誤してサービスのチューニングを行っています。

まだまだ発展途上のサービスなので、成功もあれば失敗もあります。

上手く行ったときに協力者に「ありがとう」を伝える。
ダメな時に関係者に「ごめんなさい」と素直に頭を下げる。

最低限守って欲しいことです。

当たり前のことであるはずなのに、変なプライドが邪魔をしてなのか、恥ずかしいのか、
「ありがとう」も「ごめんなさい」も言えない人を多数見てきました。

同僚に対しても「ありがとう」も「ごめんなさい」も言えない人は信用を失って仕事を任せられません。

 

ちなみに、
社長の久田は12歳も年下の私に社内で一番「ごめんなさい」と言っています(笑)

さいごに

上記のことをできない人は、どんなに素晴らしいスキルや実績をお持ちの方でもナレッジソサエティには不要です。

ナレッジソサエティの仕事は1人で行うものではなく、
数人が協力しないとできないからです。

施設をOPENしてお客様に利用していただきます。
問い合わせや各種対応を行う為、9:00~22:00までスタッフが常駐する必要があります。

どんなに優れた人でも休憩も公休も取らずにずっと常駐するのは無理でしょう。

だからチームみんなと協力できる人じゃないと、ナレッジソサエティの仕事は成り立ちません。

週休4日制の正社員制度は、まだまだ普及していない人事制度なので不安や質問があると思います。
メッセージはもちろん、随時面談も承っておりますので、少しでも興味をお持ちの方はお気軽にご連絡いただけると幸いです。

 

担当;渡部(わたなべ)、久田(ひさだ)

TEL:03-6272-5627

MAIL:info@k-society.com

週休4日制の求人情報はこちら

週休4日制正社員、入社1ヶ月インタビュー


こんにちは。
九段下のシェアオフィス・バーチャルオフィスのナレッジソサエティの渡部です。

 

ナレッジソサエティでは2017年の4月から変わった人事制度で正社員を募集しました。
その結果、知名度の低い企業ながら2か月の採用活動(1媒体)で約30名の応募をいただきました。

 

その人事制度とは「週休4日制」です。

 

大手IT企業や大手運送業よりも1日休みが多いのです!

そして、応募者の皆様と真剣に向き合った結果、6月から1名入社いたしました。 (正式に週休4日制が始まるのは業務を任せられるようになってからなので、現在は週休2日で一人立ちするように頑張ってもらっている段階です。)

変わった人事制度で入社したのはどんな人なのか? 採用のお知らせと共に新たな仲間を紹介したいと思い、入社1ヶ月を記念してインタビューを行いました。

 

Q.これまでの経歴を教えてください。
水野智也(24歳)です。
大学卒業後、食品物流の会社に新卒入社しました。
その後、ナレッジソサエティに転職しました。

将来の夢は起業してリユースに関する新たなシステムを作りたいです。具体的には、まだ使えるモノや食品ロスを循環させる手立てを、インターネットを通じて実現したいと考えています。

 

Q.無名企業ですが、求人をどうやって見つけましたか?また、週休4日制の制度を見つけた時の印象は?
将来独立をしたいのですが、Wワークから始めたいので「副業」がキーワードで探していました。 週休4日制で副業OKということで、

「次世代の求人を見つけた!」
「自分の為の求人だ!」

と思いました。
なぜなら一般的な働き方では平日夜か休日にしか時間が取れず、自分のやりたいことに時間を費やすウェイトが落ちてしまうからです。

また、「休みが欲しいからではなく、チャレンジする人のための攻めの制度」と聞いて、まさにこれだと確信しました。 ただ、週に4日も休みで副業OKということは、つまり、会社に完全にもたれかかっていられない「半分は自分で生きてください」という片足がブランブランしている状態だと考えました。 それを求めていたにもかかわらず想像すると、「誰も守ってくれない」という不安は意外と大きいです。無事に入社出来て片足置かせてもらっているだけありがたいです。

始めから起業するのは不安だったので、Wワークを認められる上に週休4日はありがたいと思いました。

 

Q.不安というのは金銭面ですか?
金銭面はもちろんですが、起業しても上手くいくのかという不安が大きいです。 起業するジャンルは知識0、実務経験0の状態で未知数だからです。

 

Q.実際、面接に来てみた印象はどうですか?
社長の久田と執行役員の渡部との2対1の面接でした。主に会社のことや週休4日制について聞きましたが、どちらかというと人生相談しているみたいでした。

その中で一番印象に残っているのは久田の「挑戦したいことがあるならば、限界までやってみてそれで駄目だったらしょうがない。そのくらいの気持ちで人生やったほうがいい」 「大企業とベンチャー企業どっちが良し悪しというのはなくて、どっちがその人に合っているかどうか。選択基準は自分がどう働きたいかという違いということ。」

久田自身、大手もベンチャーも経て現職に就いているので体験談がグッと来ました。

「自分はどんな風に生きたいのだろう?」と考えた時に、枠にハマった既存の価値観の中で昇進したり給料が上がるというのは面白くないと思いました。 それよりも明日どうなるか分からない危機感を持って働けるベンチャー企業のほうが生きている感覚があると思いました。

 

Q.1回目の面接を終えて、2回目の面接に来た理由、すなわち志望理由は何ですか?
起業家である会員の奮闘している姿を毎日見れること。また、その会員の方々を支えられる。こんな経験は他のところでは味わえないと思ったからです。具体的な仕事内容よりも、姿勢や普段どうやって仕事しているかの空気感を味わえるのはシェアオフィスならではだと思ったからです。

また、1回目の面接で「弊社ならあなたがこれから歩んでいく道にプラスになるんじゃないか?」と久田に言われ、入社したいと思いました。

 

Q.しかし、そのまま順調に入社には至らず、別会社でインターンを受けていたそうですね(笑)。その時の話を教えて下さい。
入社前は今後の事を考えると怖じ気づいていました。 「起業に挑戦するのか」「安定を求めるか」2つの選択肢を最後まで悩んでいました。

週休4日で副業OKを一言でいうと「自由」。責任がすべて自分にのしかかることは怖いと思っていました。

「副業したいなんてかっこいいこと言っているけど実際どうなんだろう?」

「実際これが自分の生活になったらどうなるんだろう?」 と不安でした。

それで、安定側の行政書士事務所にインターンに行きました。条件は、週休2日制で副業は禁止。

最後まで悩みぬきました。

 

Q.その「安定」ということで1週間インターンを経験してどのようなことを感じましたか?
そのまま行政書士事務所に入社しても正解だったと思います。1週間しか経験していませんが環境も人間関係もとても良かったです。やりがいも見つかりそうでした。 だけど副業禁止なので自分のやりたいことが実現出来ない、出来たとしても始めるのは遅くなってしまう。これが懸念点でした。

 

悩みぬいた末に、夢を諦めることが何よりも後悔すると思い、「挑戦する環境をどうぞ」と言ってくれているナレッジソサエティに入社の決心が固まりました。

 

行政書士事務所は事業が明確な分、最短距離での成長が見込めました。

ナレッジソサエティは現状からどう広げていくのかが興味深かったです。

 「少人数なので業務を横断的にやってもらわざるを得ない。これから色んな役割を求められる。それがどんな役割かまだわからないけど、求めていく。」

面接でその言葉を聞いて将来を考えたときに横断的に業務をやる方が面白く、自分の力にできることを魅力に感じました。

 

Q.実際に入社して1か月どうですか?何をしましたか?
お世辞抜きに楽しいです。自分で考えて動くことができることが一番楽しいです。 新人の意見でも平等に先輩が聞いてくれます。最終的にすべての意見が通る訳ではありませんが、最初に“聞いてくれること”が楽しい理由の1つです。

オリエンテーションでも「言われたことだけをやる人はいらない。常に改善をする人、考えられる人じゃないと駄目」と、聞いた時に面白い会社だと思いました。

常に主体的に考えながら「この業務のこのステップは何のためにあるんだろう?」、「こうした方が良いんじゃないか?」を考えながら日々仕事をするのは刺激的で楽しいです。

この1か月は基本の業務を覚える時期でした。基礎を固める為に“10の指示を確実に10できるようにする”ミスなくやる時期だと意識していました。

また、後々求められていくのは“10の指示を1で出来る仕組みを作ること”という考え方も教わりました。

 

Q.ナレッジソサエティってどんな会社ですか?
業務は2種類あります。郵便や契約書などの正確性を求められる業務。 一方、枠にとらわれず閃きを求められる業務。

業界自体の歴史が浅いので「絶対にこうだ」ということはなく、新参者の視点を受け入れてくれる弾力があります。

思考停止にならないで働けるから楽しいですが、逆に言えば何も考えずに「言われたことだけやれば良い」ということではない厳しい一面も持った会社という印象です。

働く仲間は全体としてメリハリのある方々だと思います。 先輩社員2人の雰囲気がアルバイトの方々にも浸透している感じがします。

 

Q.入社して2週間で重大な集客を左右する看板リニューアルの仕事を振りましたが、どう思いました?ムチャ振りだったかと………(笑)
安心してください。純粋に楽しんでいます(笑)。
データ入力などの機械的な業務ではない閃きを求められる仕事をふられて、正直責任も感じました。

この看板製作はビルの窓に貼るので九段下を通る大勢の人に影響を与える重要な仕事だと認識しています。

入社2週間の新人で仕事を任せられるなんて珍しいことだと思うので嬉しかったです。

      左画像:Before                  右画像:After

変更点:3面に詰め込んでいたものを5面へ拡大。内容は電話番号などを省いて、よりシンプルに変更。

着手期間(企画~設置):約3週間

 

Q.プレッシャーはなかったですか?
………感じなきゃいけないですよね(笑)。 多少はありましたけど、「やってみなきゃわからない!進んでみなきゃわからない!」という気持ちでやり抜きました。

一仕事を終えて、こういう段取りでやっていけばいいんだ、と勉強になりました。 不安もありましたけど、結果的に楽しかったです。

 

Q.最後の質問です。新たな仲間が入るならどんな人と一緒に働きたいですか?
大きく3つあります。

1つ目は自走式の人。自分で考えていける人。思考停止しない人。

2つ目は枠にとらわれないで、常に何かを企てるような人。

3つ目は会社に頼り過ぎず自立している人。前に道がなくても不安にならず楽しめる人。不安と戦える人を求めているというか、舗装された道しか歩けない人はやっていけないと思います。

と言いつつも、私もまだまだなのでこれから会社にフィットする人間になっていきたいですし、そんな人と仕事してみたいと思います。

 

Q.本当に最後の質問です。逆に自立していない人ってどんな人ですか?
指示を待っている人。10の指示に対して10やる人。何にも疑わない人。 今まで上手くいってたからそれを私は引き継げば良いんでしょ?と何にも疑わない考え方の人は会社全体として良い方向に導いてくれないと思います。

あと、週休4日制は休みが多いからという理由で来る人は嫌ですね。 週休4日制の意図を考えたら分かることですし、ナレッジソサエティで得た経験値を休みに活かす。休みで得た経験値をナレッジソサエティに活かす。 その循環を生み出すことに週休4日制の働き方の意味があると思います。

何にしても主体的にやっていく人であれば会社にとってもプラスになると思うので、ぜひそういう人に来てほしいです。

 

ナレッジソサエティに興味を持たれた方は下記にご連絡ください。

担当:久田(ヒサダ)、渡部(ワタナベ)
メール:recruit@k-society.com
採用ページ:https://www.wantedly.com/companies/k-society?ql=gaJpZM4AOLgH

経営ビジネスゲーム「ビズストーム」体験レポート


九段下の起業家向けシェアオフィス・バーチャルオフィス
ナレッジソサエティの渡部です。

経営センスを鍛えるビジネスゲーム
「ビズストーム」を体験しました。

ビズストームとは

経営ゲーム ビジネスゲーム ビズストーム

http://bizstorm.jp/

【キャッチフレーズ】
「経営の疑似体験で、ビジネス力をレベルアップ」

【対象】
新入社員からバリバリ経営している経営者皆様

【学べること】
・マーケティング
市場の選択、競合への対応、価値創造、価格設定

・マネジメント
経営資源の分配、人材の使い方、時間の使い方、資金管理、リスクへの対応

インストラクター

株式会社エグゼメディカル 代表取締役
高山豊明

http://www.exemedical.jp/

ビズストーム

ゲーム内容

ビズストームWEBより以下、文章引用
http://bizstorm.jp/about/play/

”【ストーリー】
あなたはたった1人で起業した社長です。
今まで、食品業界とIT業界の職歴があるので、いずれかもしくは両方の業界に参入するつもりです。
資本金は親戚にも出資をお願いし、10コイン集めました。出資者からは、

「8期で結果を出せ」

と言われています。
ビズストームで8期経営し、出資者が喜ぶ結果を出してください。

【プレイ人数】
原則として 1グループ4人~6人でプレイします。
グループ数は、キットがあれば同時に何グループでもプレイ可能ですが、多くなるとサブ講師が必要です。

【プレイの流れ】
1.仕事フェーズ
経営カードを使って経営資源を蓄積し、自分が狙う市場に向けてよりよい商品を作ります。

<市場の選択>
成熟市場か成長市場か?
大きな市場かニッチな市場か?
または複数を狙うのか?を考えます。

<経営資源の配分>
商品生産をして売上をあげるのか?
商品力・販売力に投資するのか?
人材を育てて企業規模を狙うのか?
選択した市場に対して、限られたお金と時間の中で何がベストな戦略なのか練り上げます。

2.販売フェーズ
各市場のお客様がどの商品を購入するか判定します。
大企業の商品にも勝たなければなりません。

3.会計フェーズ
売上と利益を計算します。”

以上

実戦

<プレイヤー>
社長、社長アシスタント、一般社員(私)、新入社員 4名

<遊び方>
コインやカードを使いながら経営を進めるボードゲームです。

1.仕事フェーズ
「市場の成長率や規模、どこで戦うか?」
「商品力の拡大か人材育成か?」

戦略を練るこのフェーズがとても重要です。

ビズストーム体験会

限られた時間で戦略を練ります。ライバルたちはどんどん動き出します。

ビズストーム体験会ビズストーム ビジネスゲーム

顧客数、競合共に多い”食品業界”
顧客数、競合共に少ない”IT業界”

市場規模のどこにポジショニングするのかが戦略の1つのポイントです。

ポジショニング ビズストーム

2.販売フェーズ

ビズストーム 体験 ボードゲーム

カードの上に乗っている黄色いコマがお客様です。
お客様が付いたら(販売成功)売上獲得です。

3.会計フェーズ
売上と経費を差し引き、用紙に利益を計算します。

【結果】
1位 一般社員
2位 社長アシスタント
3位 社長
4位 新入社員

このゲームは同市場に参入する他プレーヤーおよび先行利益のある大手企業との駆け引きや時の運が結果を左右します。
今回私が1位になれた要因は、他プレーヤー3名が成熟市場の食品業界に参入したことに対して競争相手の少ないIT業界に参入したことが吉と出ました。

感想

一般社員の感想です。
日常業務で経理・会計には携わっていない為、キャッシュフローの理解が乏しいですが、手を動かすことにより理解できました。

資金投下 ⇒ 商品開発 ⇒ 商品販売 ⇒ 資金回収

また、内部の商品力や営業力を上げれば必ず売れる訳ではなく、
外部要因であるカスタマー、大手競合や他プレーヤーである中小競合との市場争い等がマーケティングの勉強にとてもなりました。

社長や役員は勿論、私のような一般社員が受けることによりプロジェクトのフェーズを理解し、最適な行動を取れるのではないかと思いました。

まとめ

社長、一般社員、新入社員問わずビズストームを体験すべし!!

社長は自社の経営の進め方が顕著に表れ、見つめ直せます。

社員はゲーム上で会社経営(戦略~営業~会計)が見えることにより理解しやすいです。
本やWEB上だけではわからないことも目で確認し、手を動かしながら体験することにより、腹落ちしました。

何よりボードゲームで楽しく経営を学べる点が素晴らしいです!

参加されたい方はこちら

ナレッジソサエティのイベント・セミナー一覧はこちら

新スタッフ紹介③


ナレッジソサエティの渡部です。

本日は
KSフロアで起業家の皆様のサポートをさせて頂く、新たに入社したスタッフを紹介します。

新スタッフ

江城

営業事務の経験豊富な頼れるお姉さんです。
華麗な雰囲気がKSフロアにマッチしております。

スポーツ観戦が好きな彼女は
主に夕方~夜まで出勤する予定です。

本人コメント欄

①学びたいこと
起業家の会員様とたくさん触れ合うことで、仕事に対する情熱、姿勢を学びたいと思います。

②得たいスキル
接客マナーをはじめビジネスマナーのスペシャリストになれるようスキルを身につけたいと思います。

③意気込み
起業家の会員様を全力で応援致します!そのための環境を提供していきたいです!

④私にしかできないこと
とは言ってもいつも全力だと疲れてしまうこともあるかと思います。
そんな中でほっと一息つけるような、そんなひと時を提供します!笑

 

シェアオフィス スタッフ
来館時にはお気軽にお声掛け下さい。
(月曜の夜に出勤することが多いかも!?)

コンテンツ東京2015レポート


コンテンツ東京2015」に行って参りました。

コンテンツ東京2015とは

日本最大、1330社が出展する大規模なイベントです。
コンテンツビジネスを支える、あらゆる要素が出展する大規模国際総合展です。

会場:東京ビッグサイト
主催:リードエグジビジョンジャパン株式会社

コンテンツ東京 コンテンツマーケティング

東京ビッグサイト コンテンツ東京

出展ブース

・コンテンツマーケティングEXPO → コンテンツマーケティング支援や解析など
・プロダクションEXPO → 映像CG、WEBアプリなど
・クリエイターEXPO → 映像、ゲーム、音楽、マンガなど
・制作・配信ソリューション展 → WEB、動画制作など
・先端コンテンツ技術展 → ロボット、ドローン、3Dプリンタなど
・キャラクター&ブランドライセンス展 → キャラクター、ブランド・トレードマークなど

展示以外にもセミナー開催

会場は展示の他、セミナーも開催されておりました。

【主なセミナー】
株式会社KADOKAWA 取締役会長
角川 歴彦様

一億総クリエイター時代の本格的到来とコンテンツ産業の未来

私は、下記セミナーを受講して参りました。
ライフネット生命 コンテンツマーケティング セミナー

---------------------
ライフネット生命株式会社 マーケティング部長
岩田 慎一様

ライフネット生命に学ぶ、コンテンツマーケティングで顧客を呼び込むコツ

自社サイト上で、一見保険とは結びつかない面白いコンテンツや、 お金・仕事といった人生に役立つコンテンツを配信。
開設5ヶ月で41万PVを獲得し、会社を知るきっかけや保険契約に繋がり始めた。
コンテンツの作り方など、成功のポイントを具体的に解説する。
---------------------

【学んだこと】
マーケティング遍歴
コンテンツマーケティングに取り組んだきっかけ

運用体制

などを勉強しました。

コンテンツ一例

「ハトが選んだ生命保険に入る」
http://portal.nifty.com/2009/07/24/a/index.htm

「納豆を10万回かき混ぜてみる」
http://portal.nifty.com/2011/12/20/a/

保険とは関係ないような面白コンテンツもあります。

2008年に創業したライフネット生命は、創業当時は集客に苦戦していたそうです。
「保険業界の先入観」
「新参者の認知度&信用の低さ」
などの要因。

そこでユーザーとの距離を縮める為にコンテンツマーケティングを展開しているそうです。

弊社も創業間もないですし、

ナレッジソサエティを利用中のスタートアップの会員の皆様にも有効な集客手段ですので勉強してとてもよかったと実感しています。

おまけ

①待ち合わせスポット
会場には
緑色の球体(GANTZのような)がありました。

DSC_0252

ご丁寧に
待ち合わせコーナー「緑玉」
と書いてあります。

他に赤や青い玉もあるそうです。
駅待ち合わせより会場内でゆっくりできるのでオススメポイントです。

②お土産
スポーツ関連の著名人とのタイアップで宣伝効果を高めるコンテンツ提供会社より
うまいバット(たこ焼き味)

WEB上にキャラクターを配置してコンバージョン率を上げるWEB接客会社より
かわいいキャラクターのクッキー(バター風味)

ビックサイト 展示会

③キャッチ術
出展社は1330社の為、全てを回るのは困難です。
各社キャッチの工夫をされていました。

Ⅰお菓子やジュース配布
Ⅱトートバックのプレゼント
Ⅲうちわ配布
Ⅳ綺麗なキャンペーンガールを起用

感覚値で恐縮ですが、中でもキャンペーンガールは男性にとって非常に有効で、キャッチ率が高いように見えました。

まさにコンテンツマーケティングでした。
見事に先方の実績づくりに貢献した私が証人です。

新スタッフ紹介②


6月9日より、ワイシャツを半そでに衣替えしました。

ナレッジソサエティの渡部です。

 

本日は
KSフロアで起業家の皆様のサポートをさせて頂く、新たに入社したスタッフを紹介します。

シェアオフィス受付 スタッフ 管理スタッフ

門之園

前職は紳士服専門店で接客販売をしていました。
上品な雰囲気がKSフロアにマッチしております。

人を笑顔にすることが得意な彼女は
主に朝~夕方まで出勤する予定です。
受付で皆様をお出迎えすることが多いと思います。

本人コメント欄

【シェアオフィス・バーチャルオフィス運営の仕事を通して】

①学びたいこと
お茶の出し方や電話対応など、一流の方々を相手にするビジネスマナーを学びたいです!

②得たいスキル
前職では接客業に携わっていたので、事務スキル、特にPCのスキルを身に付けたいです。

③意気込み
慣れないことばかりですが、毎日笑顔で頑張りたいと思います☆

④私にしかできないこと
みなさんを笑顔にします!笑
お仕事の息抜きに、気軽に話しかけて下さい(^o^)/

 

東京 シェアオフィス・バーチャルオフィススタッフ

来館時にはお気軽にお声掛け下さい。

新スタッフ紹介①


6月8日より、東京も梅雨入りしました。

雨の日は濡れるのが嫌で外出するのが億劫になりますが、
ナレッジソサエティシェアオフィスなら駅から徒歩30秒なので快適に通勤可能です。

ナレッジソサエティの渡部です。

 

本日はKSフロアで起業家の皆様のサポートをさせて頂く、
新たに入社したスタッフを紹介します。

シェアオフィス スタッフ

加藤

遂にナレッジソサエティにハーフのスタッフが入社しました。

生まれも育ちも日本です。
熱い大和魂を持っている彼女の特技は「弓道」です。

今年1月に行政書士試験に合格
現在は司法試験合格を目指しています。

勉強の合間、主に夕方~夜に出勤する予定で、
夜のセミナー時に活躍してもらいます。

本人コメント欄

【シェアオフィス・バーチャルオフィス運営の仕事を通して】

①学びたいこと
フリーランス・起業家の会員様の仕事に対する姿勢を学んでいきたいと思います。

②得たいスキル
今まで自分の勉学のために時間を使っていました。
今度は社会に役立つよう、会員様のサポートをしていきたいと思っています。受付事務を身につけたいです。

③意気込み
会員様が快適にご利用できるよう、明るく清潔な環境をご提供したいと思います。
丁寧で親しみやすい受付を目指します。どうぞ宜しくお願い致します。

 

コワーキングスペース 管理スタッフ 運営スタッフ

館内で見かけましたらお気軽にお声掛け下さい。

ナレッジソサエティを卒業してカフェを開業します


皆様お疲れ様です。

ナレッジソサエティ管理スタッフの武石です。

私事ではございますが、2015年3月31日を持ちまして、ナレッジソサエティを卒業いたします。

お世話になりました皆々様方、本当にありがとうございました。

直接ご挨拶が出来なかった方が沢山いるのが、本当にとても残念です。

 

ナレッジソサエティは、起業家の皆様を応援するための会社です。

http://shoehorn.jp/

 

このKSフロアのスタッフになってから、数多くの起業家の皆様とお会いすることができました。

会員の皆様との交流の中で、様々なことを学ばせていただきました。親切で優しい会員様ばかりで、お話するのがとても楽しかったです。

事務所にいるより、フロアに出ていたい誘惑と戦うのが大変でした・・・(笑)

 

皆様との交流の中で学ばせていただいたことを糧に、4月以降は新しい環境の中で、新たな目標に向かって尽力していきたいと思います。

本当に、お世話になりました。

ありがとうございました。

今後とも、ナレッジソサエティをよろしくお願い致します!

 

<スタッフの皆様よりいただいたお花>

image2<株式会社クラリスキャピタル:牧野安与様より>一緒にお写真が撮れなくて残念でした・・・。

image1<株式会社プラスドライブ:原正彦様より>

DSC00093<ひらめききかく:宮田啓二様より>

DSC000951

その他、激励のお言葉や、たくさんの寄せ書きもいただきました!!

本当に、優しくて温かい方ばかり!!

本当に本当に、ありがとうございました!!!

餞別のお品をいただきました


皆様お疲れ様です。

ナレッジソサエティ管理スタッフの武石です。

昨日、2月末日をもって弊社サービスをご解約される会員様より、餞別のお品をいただきました。

有限会社ウィステリア・キョウコ

東京支部にてご活躍中の遠藤夢季様でございます。

IMG_0703

2015年1月31日より、六本木にて新しく事務所を開設されることが決まり、弊社サービスのご解約に至りました。

日頃よりKSフロアをご利用いただいていた会員様のご解約は淋しいですが、

弊社サービスの利用を経て事業拡大に至ったと思うと、スタッフとしても嬉しい気持ちになります。

 

この写真では、いただいたお品がバッチリ見えませんが・・・皆で美味しくいただきました。

 

有限会社ウィステリア・キョウコの皆様。

ナレッジソサエティのサービスご利用、誠にありがとうございました。

新しい事務所でのご活躍、スタッフ一同応援しております!!

 

 

有限会社ウィステリア・キョウコ 代表取締役 木藤恭子様

wisteriakyoko.com 

有限会社ウィステリア・キョウコ 東京支部 遠藤 夢季様

ameblo.jp/minoakamakana/

このブログを購読する

最近の投稿

CATEGORY

ARCHIVES