【法人口座開設アンケート調査報告】シェアオフィス・バーチャルオフィスでも、法人口座の開設を断られたことがないと回答した法人が84%

起業家向け会員制シェアオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス「KSフロア」を運営する株式会社ナレッジソサエティ(本社:東京都千代田区、取締役社長:久田敦史)はKSフロア利用開始3ヶ月以上の法人499社を対象に法人口座開設に関する調査を行い、調査結果をまとめました。84%の起業家が法人口座の開設を断られたことがないと回答。

ビジネスを行う上で、住所や商号と同じく欠かすことができない銀行口座。
しかし、シェアオフィスやバーチャルオフィスでは法人口座の開設が難しいと言われています。
その厳しい状況の中、KSフロアの利用者(法人)の口座開設状況をまとめた調査報告です。

━━━━━━━━
▼調査結果概要
━━━━━━━━
調査期間:2017年10月4日~10月10日
調査対象者:ナレッジソサエティの会員499名(法人)
調査方法:インターネット調査
有効回答数:31名

━━━━━━━━
▼調査結果
━━━━━━━━

 

Q.1法人口座開設申込み時のメンバーシップは何ですか?
A.バーチャルオフィス(71%)、シェアオフィス(26%)、レンタルオフィス(3%)

Q.2 ナレッジソサエティの住所を使用して、法人口座の開設を断られた銀行はいくつありますか?
A.0(84%)1つ(13%)、2つ(3%)、3つ(0%)、4つ以上(0%)

 

Q.3 ナレッジソサエティの住所を使用して、開設した法人口座はいくつお持ちですか?
A.1つ(35%)、2つ(35%)、3つ(19%)、4つ以上(10%)

Q.4 ナレッジソサエティの住所を使用して、法人口座を開設できた銀行名を教えてください。
A.りそな(13名)、みずほ(6名)、三菱東京UFJ(4名)、三井住友(6名)、ゆうちょ(5名)、ジャパンネット(7名)、楽天(13名)、住信SBIネット(1名)、その他信用金庫(4名)

Q.5 ナレッジソサエティの住所を使用して、法人口座を開設できた支店のエリアを教えてください
A.九段周辺(86%)、自宅周辺(0%)、ネット銀行(7%)、インターネット支店(4%)その他(4%)

Q.6 ナレッジソサエティの住所を使用して、法人口座を開設できた銀行やその支店を選んだ理由をお聞かせください
【りそな銀行で開設された方の理由】
・ナレッジソサエティの入居しているビルにあるから開設が容易と思った
・同じビル内の1Fにあるため(複数名)
・事務所に近いから(複数名)
・ビルの1階であること、営業のご担当者が非常に親身になってくださったこと。その他は顧客の利便性を考慮しました。三菱は厳しいと評判をきいていたため選びませんでした。
・ゆうちょ銀行と楽天銀行に断られたので同じビルのりそな銀行に申し込みました。
・以前ナレッジソサエティの住所で開設できた実績があると聞いたから
・最近は所在地(登記)の管轄支店でのみ審査がおりると思います。

【みずほ銀行で開設された方の理由】
・みずほ銀行九段支店(Macでネットバンキングに対応しているから)
・事務所に近いから(複数名)
・全国的に支店があること

【三井住友銀行で開設された方の理由】
・自身がメインバンクとして使用している。また、口座開設は登記場所により支店が限定されるため。
・税理士の紹介

【三菱東京UFJ銀行で開設された方の理由】
・事務所に近いから(複数名)
・三菱東京UFJ銀行を選んだのは、取引先のメインバンクがUFJのため、手数料のことを考えて。神保町支店を選んだのは、銀行に問い合わせた際に、法人の本店所在地から一番最寄りの支店でないと口座開設ができないと言われたため。

【楽天銀行で開設された方の理由】
・まず、ネット銀行は開設が都市銀行などより開設がしやすい点
・便利だから
・法人口座の開設がしやすいと聞いていたので。

【ジャパンネット銀行で開設された方の理由】
・ジャパンネット銀行(freee利用で振込手数料が割安だから)
・ジャパンネット銀行はスマホで使いやすいから。

【ゆうちょ銀行で開設された方の理由】
・ゆうちょは全国どこにでも店舗があり

【信用金庫で開設された方の理由】
・事務所に近いから

Q.7 法人口座開設までの期間を教えてください(銀行へのファーストコンタクトから起算)
約1週間(33%)、約2週間(44%)、約3週間(15%)、約4週間(7%)

Q.8 法人口座開設までの流れを教えてください
・1.口座開設の相談と資料提出2.追加資料提出依頼の電話3.追加資料提出4.口座開設審査通過の電話連絡5.口座開設の手続き
・1.税理士経由で紹介、2.必要書類渡し兼面談(税理士立会)、3.面談した銀行員から直接通帳を受け取る
・みずほは、法人の住所地に訪問するとのことで、ナレッジソサエティに来てもらい、ナレッジソサエティの会議室で会いました。
・みずほは店頭申込、電話ヒアリング、審査、審査OK連絡、来店にて開設。
・ジャパンネット銀行はオンライン申込、書類送付、審査、(不備対応)、審査OKメール連絡、カードやトークン等到着。
・りそな……申しこみ→面談→開設、郵貯……申込→開設
・画面申し込みと郵送(楽天)
・楽天のフォームに記入の上、送信。その後、連絡があり、取引の実態を聞かれたが、これからなのでまだであると伝えると、会社のファックスヘッドをつかって書類を送ってくれといわれ、ファックス送信した。実態があるし、真っ当な仕事であるという点が重要だと感じた。
・規定の書類を準備、窓口にて提出と引き取り(ゆうちょ)、JNBは全てオンラインにて。
・恐らく、断られるのは、バーチャルだからではなく、新設の法人だからだと思います。私も最初は都市銀行、地方銀行を断られて、信用金庫でつくりました。第1期の決算書がでると都市銀行でもすぐに開設できました。
・銀行窓口へ口座開設依頼?後日担当者来社?早いとこで3日後開設(みずほ銀行は早い!)
・三菱東京UFJ銀行でというのは決めていたため、まずは電話でどの支店で開設可能か、必要書類は何かを確認した。その後、直接来店しての申し込みと簡単な面談があった。(面談というと大袈裟だが、窓口での女性行員からの簡単な聞き取り。)その際に、1週間程度で可否の連絡が入りますと言われ、約1週間後に口座開設ができる旨の電話連絡が入ったため、再度来店しての口座開設手続き。通帳は即日受け取り、キャッシュカードはその後10日くらいで郵便で送られてきた。
・受付にいって必要書類を提出、1週後面談、通帳等は後日発行
・書類やり取り&担当者とオフィスで面談(面談は楽天銀行以外)
・申し込み⇒担当者来社面談⇒来店手続きの連絡⇒支店窓口にて開設手続き
・窓口で申込用紙記入→ナレッジソサエティで面談→開設
・窓口に書類提出→担当者によるヒアリング→審査→開設可の連絡→窓口にて手続き
・担当者来訪⇒資料提出⇒開設
・電話でアポ→銀行窓口で申し込み→面談(指示される書類提出、印鑑、登記簿、役員の印鑑証明など)→審査待ち→受け取りのため訪問
・電話での確認と、取引状況の確認(他社との請求書や契約書の提出あり)
・登記地から口座開設可能な支店と必要書類を電話で確認の上、直接窓口で手続き。1週間~10日後に開設可能との電話連絡を受け、再度窓口を訪問の上口座開設完了。

Q.9 面談は行いましたか?
なし(23%)、1回(68%)、2回(10%)3回以上(0%)

Q.10 全体的に工夫したことはありますか?(必要書類以外の提出など)
【書類の用意】
・納税書類
・契約書、見積書、秘密保持契約書の提出(楽天銀行では提出を求められる、逆に言えば会社名でのBtoB契約があれば比較的通りやすいようだ)
・新設法人のため、公式サイトと詳細実績のレジュメのカラーコピーを念のため用意(不要でした)
・事業概要を記したパンフレットの提出
・会社案内の提出
・電話で聞いていた提出書類以外にも、会社設立関連の書類をすべて持参し、質問に対して関連書類を見せながら説明
・売上表、請求書を見せた。初月で1000万近い請求があった為、請求できない旨を伝え、急ぎ感を伝えた。

【webの用意】
・webサイトを用意(複数名)
・webサイトを印刷して持参(複数名)
・ネット銀行用に、HPはそれなりのものをデザイナーに頼んで作成

【その他】
・銀行の担当者にオフィス全体を紹介
・NTT番号(03番号)の電話番号を取得
・事業実態があることが重要と言われていたので、面談の際に口頭でなるべく詳細に自社の事業内容について説明した。まだ、自社ホームページ等がなかったので、疑問に感じたことは面談をしてもらった行員にその場で質問してもらったり、取引先の名称、住所、ホームページなどを伝え、自社でこれから行う事業との関連性を伝えるなど、事業実態が伝わるように心がけた。
・一般社団法人を設立したばかりの時の口座開設なので、事業を説明するPDFを作成してみてもらいました。
・電話ヒアリングの時に「法人成り」であることと、事業内容を端的にわかりやすく説明したところ、すぐに納得いただけたようでした。
・別にないが、提出を要求された書類は最初から耳を揃えて提出した。

 

━━━━━━━━
▼考察
━━━━━━━━

・実施背景
シェアオフィスやバーチャルオフィスでは口座開設が難しいと言われています。
しかし、ナレッジソサエティ会員の方からは開設できなかったというお声を頂くことがほとんどありません。
実際はどういう状況なのかを把握したく、アンケートを実施しました。

 

・結果
Q.1の回答の通り、1度でも断られたことがある方は14%でした。
しかし、14%の方はQ.3では1つ以上開設ができたと回答をしています。(データとして公開できず、申し訳ございません)
全ての銀行で断られたわけではないので、シェアオフィスやバーチャルオフィスだから全く開設できないというわけではないことがわかりました。

 

━━━━━━━━
▼会社概要
━━━━━━━━
会社名:株式会社ナレッジソサエティ
住所:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
設立年月日:2010年4月17日
資本金:1,100万円
代表取締役:山瀬明宏
事業内容:起業家向けシェアオフィス・バーチャルオフィス・コワーキングスペースの運営

 

━━━━━━━━
▼本件に対する問い合わせ先
━━━━━━━━
株式会社ナレッジソサエティ
担当:久田(ヒサダ)渡部(ワタナベ)
TEL:03-6272-5627
FAX:03-6272-5626
Email:info@k-society.com