バーチャルオフィス ルール 東京

バーチャルオフィスをご存知ですか?かつて会社はまず場所を確保し築くものでした。しかし、今そのルールにも似た「当たり前」すら、必要のない考え方となりつつあります。地方の人間は思います。いつか、東京へ。それすらもう、古い考え方と言えるでしょう。バーチャルオフィスを利用すれば、東京の一等地に本社をもつ、立派な会社が立ち上がります。 バーチャルオフィスで本当に会社は成り立つのでしょうか?バーチャルであるということを除けば、会社としての機能はすべて網羅しています。会議も上司への報告も、仕事上のコミュニケーションすら、パソコンさえあればあっという間です。ただ一定のルールはつくっておくべきでしょう。直接のコミュニケーションがない分、しっかりと整備しておく必要があります。本社となる東京にいないことの意識ラグを埋める事も大切です。 バーチャルオフィスは、不可能を可能にするものです。バーチャルルールを遵守し、節度を持って利用すればむしろ、一人ひとりが支店となり、働く事も可能となります。セキュリティなどこれからの課題も多々あります。しかし、それはどんな会社にも平等にある課題であります。地方にいながらにして、日本の中心にある東京本社にて働く。そんな働き方ももう夢ではないのです。

次の記事へ