コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > 採用情報 > 週休X日制とは?~求める人材(人物像)と人事制度の概要~

週休X日制とは?~求める人材(人物像)と人事制度の概要~

[投稿日]2022/01/12

週休X日制とは?~求める人材(人物像)と人事制度の概要~

2017年4月、株式会社ナレッジソサエティは「週休4日制」を導入しました。当時はまだ週休3日制すら珍しい雇用形態だったため、さらに休みを増やした週休4日制で、かつ正社員の求人はほとんど見当たりませんでした。当社はもともとバーチャルオフィス・シェアオフィスを運営しており、起業を目指す人たちの夢をサポートしてきましたが、週休4日制の導入することでサポートする対象は自社のスタッフにまで拡大されました。

さて、当初は起業を目指す人の夢をサポートすることを目的に、「起業家正社員®」という形で募集を続けていましたが、2021年12月よりサポートする対象をさらに拡大しました。具体的には、次の3つのような形で、熱い想いをもっている人を募集対象とします。

①起業を目指す人

②学生時代に取り組んだ競技を卒業後も取り組む人

③中小企業診断士等の資格取得に挑戦する人

そして、「週休4日制」だけではなく、週休3日制や週休4.5日制など、「週休X日制」といった形に人事制度を再編することで、よりフレキシブルな形で、そして長期にわたって熱い想いをもっている人をサポートできる環境が整いました。

本記事では、「週休X日制」の正社員として「求める人材(人物像)」「人事制度の概要」をまとめました。興味のある方は、ぜひご覧ください。

「週休X日制」が求める人材(人物像)とは?

「週休X日制」は、起業を目指す人たちの夢をサポートするナレッジソサエティが、自社スタッフの夢をサポートするために導入された制度になります。当初は「起業家正社員®」という名称の通り、起業を目指す方のサポートに限定していましたが、サポートの対象を拡大しました。

ここでは、まずどのような夢を持つ人をサポートしていく制度なのかを説明します。

起業を目指す人

最初のケースは「起業を目指す人」になります。当社では2017年4月より週休4日制という人事制度で起業を目指す人のサポートを始めてきましたが、これまで10人以上がこちらの雇用形態で入社しています。

「起業したいがなかなか一歩目を踏み出せない…」という人が多いと思いますが、「週休X日制」を活用することで、その一歩目を踏み出しやすい環境を手に入れることができると考えています。

まとまった時間を確保できるので起業に向けた準備がはかどる

「週休X日制」を利用することで、X日分のまとまった休みを確保できます。週休3日制であれば3日、週休4日制であれば4日と、週休2日制よりもまとまった時間を確保できます。ナレッジソサエティでは起業を目指している人にとって、1日休みが多いことはとてもメリットが大きいと考えています。

完全週休2日制の場合、1日8時間働いた後、起業準備は捗るでしょうか?

週休2日の休みをすべて起業準備に充てることが現実としてできるでしょうか?

起業をあきらめてしまう人の多くが時間を理由にあきらめてしまうという実態があります。そのため、週休3日制や週休4日制を採用している会社で働くことによって、時間を理由にあきらめるという選択肢が解消されることになります。

正社員という形で一定の収入と社会保障を確保できるので最低限の生活はできる

ナレッジソサエティの「週休X日制」は正社員としての雇用になります。週当たりの勤務時間によって月給は変わりますが、週40時間勤務の「週休X日制」の場合は月給20万円が確保されます。また、正社員としての雇用になりますので、各種社会保険は完備されています。

一定の収入と社会保障を確保できることで、収入面の不安を感じて起業をあきらめるという選択肢も解消されることになります。

少人数の会社組織のため、経営者(社長)の近くで実践的な経営を学べる

ナレッジソサエティは社長やアルバイトすべてを含めても従業員10人程度の小規模の組織になります。そのため、経営者(社長)との距離はとても近い環境であり、実際に経営のイロハを社長の傍で学べるというメリットがあります。

特にナレッジソサエティでは、雇用体系に関わらず、すべてのスタッフが施設のメンテナンスや郵便業務といった定型業務を経験し、定型業務が一定の習熟度に達した段階でポジション毎に求められる働き方をしていきます。日々の定型業務に携わることで、将来的な組織経営にあたってオペレーションの構築、スタッフのマネジメントなどの重要性に気付かされることも多く、こうした業務を疎かにしない姿勢が大切であることを実践を通して学ぶことができます。

定期的に社内勉強会があるので起業に向けたモチベーションの維持もできる

定期的な社内勉強会や相談会があることも、ナレッジソサエティの週休X日制の特徴です。ナレッジソサエティの週休X日制はもともと起業を目指す人をサポートするために導入された制度ですので、社長の久田の経験やナレッジの経営を例に取りながら、経営を学ぶための勉強会が定期的に実施されています。

また、起業や副業に対して後ろ向きの人が多い職場で働く場合、自分自身のモチベーションを維持することも大変だと思いますが、ナレッジソサエティには同じく起業を目指す社員がいます。それぞれが起業を目指す分野で意見交換を行う機会もあるので、起業に向けたモチベーションを維持できるというメリットもあります。

勤務後、ワークスペースを使って自分の起業に向けた仕事ができる

ナレッジソサエティは会員向けにワークスペースを提供していますが、週休X日制で働く社員はナレッジソサエティの仕事が終わった後にこちらのワークスペースを使って自分の起業に向けた仕事の準備ができます。もちろん会員優先になるので混雑している際は利用を控えてもらいますが、基本的に夜の時間帯はワークスペースもゆとりがあるので、問題なく利用できています。

また、ナレッジソサエティの仕事が休みの日にワークスペースを利用することも可能ですので、起業に向けた準備が捗ることでしょう。

学生時代に取り組んだ競技を卒業後も取り組む人

2つ目のケースは「学生時代に取り組んだ競技を卒業後も取り組む人」になります。当初は起業を目指す人を応援する意味合いが強かった制度ですが、2021年12月より対象を拡大し、学生時代に取り組んだ競技を卒業後も取り組む人も採用の対象としました。

プロスポーツの選手になれる人は一握り。社会人としてスポーツに携われる人もまた一握りであり、多くの人が学校を卒業するタイミングでその競技に取り組むこと自体をやめてしまうと聞きます。まだまだ新卒一括採用の風潮は強く、競技を選ぶか会社員を選ぶかの二択になってしまう状況はありますが、こうした状況下において競技を本気で続けたいという熱い想いをもった人を応援したいと思い、「週休X日制」の対象を拡大しました。

以前、マラソンの世界で「公務員ランナー」として川内優輝選手が注目されていました。もちろん、川内選手のように世界を目指すようなレベルで戦う人だけがすべてではなく、私の転職前の職場でもランナーとして日本各地の大会に参加し続けている同僚がいました。仕事にも情熱を燃やし、競技にも情熱を燃やし続ける彼の姿を思い出し、「週休X日制」という人事制度で熱い想いをもった人をサポートしたいという気持ちが強くなってきています。

※現在まだ採用した人はいませんので、Bさんは当社が設定した架空の人物となります

中小企業診断士等の資格取得に挑戦する人

3つ目のケースは「中小企業診断士等の資格取得に挑戦する人」になります。中小企業診断士は合格率が毎年5%前後とかなり難関の資格でありながら、税理士や宅建士のように独占業務(中小企業診断士にしかできない仕事)はなく、資格を取得しても仕事が直ちに見込める仕事ではありません。もちろん独占業務がある資格に関しても資格があればすぐに仕事が入るというわけではありませんが、合格率と独占業務がないことを踏まえればより厳しい資格であることは間違いないでしょう。

今回ナレッジソサエティが、難関資格のなかでも「中小企業診断士」を挙げた理由は、資格取得後に当社の業務に携わることで、実務経験を積めると考えたからです。ナレッジソサエティは中小企業であり、まだまだ発展途上の会社になります。そのため、オペレーションなどにもたくさん課題があると思いますが、当社としても内情をよく知った人材に経営改善に携わってほしいと考えていますので、両者の意向がマッチするのではと感じています。

※現在まだ採用した人はいませんので、Cさんは当社が設定した架空の人物となります

「週休X日制」の人事制度の概要

多くの方にとって「週休X日制」という人事制度はイメージができないものかと思いますので、ここでは制度の概要を説明します。

「週休X日制」の仕事内容と1日の流れ

ナレッジソサエティでの仕事内容の主なものは下記の通りとなります。

会員制シェアオフィス・バーチャルオフィスの運営業務。
・新規お客様の問合せ対応、契約管理
・郵便物などの転送
・セミナー運営補助
・館内のメンテナンス
・その他事務作業

「週休X日制」の1日の流れについては、以下の記事をご覧ください。

なお、こちらは「週休4日制」で勤務した場合の一例です。

「週休X日制」の給与関係

週休X日制の給与関係は下記の通りになります。

【基本給(月給)】

  勤務パターン 基本給(月給)
週40時間(月160時間) 週休3日(10時間×4日勤務) 200,000円
週休4日(13時間20分×3日勤務)
週30時間(月120時間) 週休3日(7.5時間×4日勤務) 150,000円
週休4日(10時間×3日勤務)

【昇給・賞与】

昇給は当社でのステップアップを望み、別の雇用体系となった場合のみ適用されます。

賞与も当社でのステップアップを望み、別の雇用体系となった場合のみ支給されます。

「週休X日制」の人事制度で昇給や賞与を導入していないことには理由があります。それは、起業を目指す人が会社員としての生活に安住せず、自分の力で稼げるようになるためのモチベーションを維持してもらいたいと考えているからです。

会社員としての勤務年数が増えるごとに給与が増え、賞与が支給される環境に身を置いてしまうと、入社時の「絶対に起業してやる!」という強い気持ちが失われてしまうリスクがあります。そのため、当社では収入を増やすためには自分の起業を成功させなければならないという環境を整備することで、起業に対するモチベーションを維持してもらおうと考えています。

また、競技に取り組む場合でも、資格取得に挑戦する場合でも、同じことが言えると思います。得られる収入が変わらないことで、各々がある程度期間を決めたうえで競技との両立や資格取得に本気で向き合えると思います。当社から何年以内というリミットは設けない代わりに、自らが自分の人生のステージに期間を設けることが可能になると考えています。

【各種手当】

給与以外の手当は下記のものが支給されます。

・交通費(月25,000円を上限)

・残業手当

・深夜手当

「週休X日制」の福利厚生

週休X日制の福利厚生は下記の通りになります。

法定内福利厚生

・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)

当社独自の福利厚生

【社内勉強会】

当社の代表から起業に関するノウハウを講義形式で学んだり、同じ週休X日制の社員とビジネスに関する意見交換をしたりする機会があります。

【社員間の飲み会補助】

同じく起業を志す社員同士で飲み会を行う場合、会社から補助が出ます。

【書籍購入費補助】

ビジネス関連の書籍を購入する際に補助が支給されます。

【ワークスペース利用】

当社のワークスペースで自分の起業の準備ができます。

当社の「週休X日制」が向かない人の4つの特徴

ここまで「週休X日制」の求める人材(人物像)と人事制度の概要をまとめてきましたが、最後にナレッジソサエティでの就業が向かない人の特徴をまとめておきます。自分自身の熱い気持ちがあったとしても、ナレッジソサエティという組織の一員として働く気持ちがない方を応援、サポートすることはできませんで、あらかじめご了承ください。

時間と収入確保だけが目的で当社の業務を通しての学びに興味がない人

自分の時間と一定の収入確保だけが目的の人は当社での就業に向いていません。

当社では、ナレッジソサエティという組織から学びを得ようとする人、ナレッジソサエティの業務をより良いものに改善しようという意識で就業してもらえる人を求めています。何かに熱い想いを持って取り組む人を雇用しようと思う背景には、当社での業務にも全力で取り組んでもらえる、よりよい職場環境にしようと思って仕事をしてもらえるという考えがあります。

そのため、時間と収入確保だけが目的で、当社から何かを得ようとせず、また当社に何かを還元しようとしない人とは、一緒に働きたいと思いません。組織から何かを得て、また組織に何かを与えようとする姿勢がない人は、正社員として組織で働く必要がないと思っています。

プライドだけが高く、年齢関係なく他者からの指摘を素直に受け入れられない人

プライドがあることは決して否定しませんが、他人の指摘を素直に受け入れられない人は当社での就業に向いていません。

当社では社長をはじめ、フルタイムの正社員、週休X日制の正社員、時短正社員、パート・アルバイトなど、様々な雇用形態でスタッフが働いていますが、雇用形態による上下関係はありません。正社員で入社したからといって、よく理解できないプライドを振りかざし、パート・アルバイトの先輩からの指摘を素直に受け入れようとしない人は求めていません。

当社の業務の多くは定型業務であり、誰が取り組んでも結果に差が出ないように日々オペレーションの構築に励んでいます。そのため、「守破離(※1)」の教えの中でも「守」を大切にしており、徹底的な「守」の先に「破」、「離」があると考えています。まずは教えに充実に業務に取り組むことが必要ですので、年齢や立場など関係なく他者からの指摘を素直に受け入れられる人と一緒に働きたいと考えています。

※1「守破離」とは、剣道や茶道などで修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

自己中心的でチームビルディングや他者を思いやることができない人

組織で働くという選択をする以上、組織のチームビルディングを意識することはもちろん、他者を思いやることができることは前提として必要な資質です。そのため、自己中心的でチームビルディングや他者を思いやることができない人は当社での就業に向いていません。

週休X日制という人事制度は、正社員として当社の組織に貢献するという大前提のもとで導入されています。そのため、自分の主張ばかりを優先し、協調性を持って他者と働けない人は不要です。一緒に働く仲間を思いやれたり、組織のことを考えられたりするからこそ、週休X日制という人事制度を通じて、夢を応援してもらえます。

当社では様々な雇用形態で働くスタッフがおり、業務の引継ぎを円滑に行うこと、他のスタッフの仕事状況に気を配りながら仕事を巻き取れることを求めていますので、チームビルディングや他者を思いやることができる人と一緒に働きたいと考えています。

自分の責任で仕事を最後までやり切る気概がない人

担当になった仕事を途中で放棄してしまうなど、自分の責任で仕事を最後までやり切る気概がない人は当社での就業に向いていません。

起業を目指す人には特にマインドとして持っておいてほしいのですが、仕事を途中で放棄することは事業を辞めることを意味します。経営者と聞いて華々しいイメージを持っているのかもしれませんが、経営者は残された仕事すべてを自分で巻き取る覚悟が必要です。会社員であれば、自分がやり切れなかった仕事を誰かがやってくれるかもしれませんが、経営者にその誰かはいません。

もちろん、当日分担された仕事がやり切れないこと、求められる期間までに仕事が終わらないことはありますが、その際にどのように行動するかが大切だということです。引継ぎもせず仕事を放置したり、自分だけが定時で帰宅することを優先して他者に仕事を押し付けたり、期限を意識せずに仕事をして納期が遅れたりなど、自分の責任をまっとうしないことを問題視しています。周囲とコミュニケーションを図りながら、与えられた仕事に責任を持ってやり切る気概を持っている人と一緒に働きたいと考えています。

 

 

BACK TO TOP
ページ先頭へ