【2019年版】神保町エリアのレンタルオフィス一覧

 
[投稿日]2019年12月11日 / [最終更新日]2019/12/26

今回は神保町にあるレンタルオフィスを特集していきます!!

レンタルオフィスとは?

まず最初にレンタルオフィスとはどういうものでしょうか?レンタルオフィスの他にシェアオフィスやコワーキングスペースといった言葉がありますが、どういう違いがあるのでしょうか?この用語の違いをしっかり認識した上で、自分がオフィスに対して何を求めているのかを明確にしましょう。

レンタルオフィスは専用個室があるオフィス

レンタルオフィスの定義

当社の定義ではレンタルオフィスは「自社だけが使える個室の部屋を借りられるオフィス」となります。つまり自社専用のスペースを借りられるのがレンタルオフィスです。自分専用のオフィスですので、他の人が入ることもないので荷物を置きっぱなしにしたりできるのがレンタルオフィスのメリットです。ただし坪単価は高くなる傾向にあります。

レンタルオフィスはこういう方が利用すべき

・プライバシーを確保したい方

・個室でないと事業の許認可が取れない方

シェアオフィス・コワーキングスペースは共用デスクのオフィス

シェアオフィスの定義

その一方でシェアオフィスというオフィスがあります。(コワーキングスペースについてはおおよそシェアオフィスと同じものと考えていただいてよいです。)レンタルオフィスが専用のスペースを持てるのに対して、シェアオフィスは自分専用のスペースが持てません。共用のデスクを使うということになります。同じ机を複数の人でシェアするため、一人あたりの利用料金は安くなります。またプライバシーがレンタルオフィスに比べて確保されていない分、逆に他の利用者との交流を持てる可能性も高くなります。その一方で席が確保できなかったり、周りがうるさくなってしまう可能性があります。

シェアオフィスはこういう方が利用するべき

・格安でワークスペースを確保したい方

・他の利用者と交流をしたい方

Open office

【詳細】 

「オープンオフィス」は「これまでのオフィス賃貸」業界に対する挑戦でした。 
既存のシステムに逆らわなければ、私たちが目指す「起業家に適したオフィス」は出来なかったのです。 だから、多くの障害がありました。当初は、私たち自身がオフィスを貸してもらえなかったのです。 そんな状態から始めましたが、何とか多くの起業家であるお客様に支えられ、どんどん改良して多くの方に支持して頂くサービスになりました。そんな中で、たくさんの起業に接する機会に恵まれました。1000社以上の起業家のお手伝いをしていると思いますが、その経験から思うことは 「成功するにはワケがある」 ということです。成功する起業家は成功するべくして成功し、失敗する起業家は失敗するべくして失敗しているということです。「オープンオフィス」の良い所は、なんと言ってもまず、【大切な資金を有効に使える】ところにあります。少々荒っぽく言うと、【ムダ金を使わず】に済みます。通常の賃貸オフィスでは考えられない「初期費用の低さ」で事業をスタートさせることが出来ます。さらに、フルカラーコピー、フルカラープリンター、インターネット回線などが標準で装備されていますので、それらを購入する必要もありません。ですから、通常の賃貸オフィスを選択するより、ずっとずっと低い費用でオフィスを構え事業を始めることが出来るのです。(HP)

料金

月額 25,100円~

住所

東京都千代田区神田錦町3-7-2 東京堂錦町ビルディング7.8.9階

アクセス

東京メトロ東西線「竹橋」駅1b出口 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、新宿線「神保町」駅 A9出口 徒歩3分

電話番号 0120-974-713

100円でセミナールームが使えるシェアオフィス


CATEGORY

おすすめの記事

最近の投稿

ARCHIVES

このブログを購読する