コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > バーチャルオフィス > 銀行法人口座 > 銀行法人口座開設体験談 > 会社設立から1ヶ月でみずほ銀行の法人口座を開設。バーチャルオフィスを活用したMICE開催に関わるコンサルティング企業のA.S様インタビュー

会社設立から1ヶ月でみずほ銀行の法人口座を開設。バーチャルオフィスを活用したMICE開催に関わるコンサルティング企業のA.S様インタビュー

[投稿日]2020年10月19日

会社設立から1ヶ月でみずほ銀行の法人口座を開設。バーチャルオフィスを活用したMICE開催に関わるコンサルティング企業のA.S様インタビュー

MICEのイメージ画像

「定款や登記簿など事業を証明できると思うものはすべて提出しました。」

東京都千代田区九段南(最寄り駅:九段下駅)にあるナレッジソサエティのバーチャルオフィスを活用されている方の法人口座開設実績をお伝えします。

今回貴重な経験を語っていただけたのは、当バーチャルオフィスを活用されているMICE開催に関するコンサルティング会社のA.S様です。

バーチャルオフィスでは銀行法人口座開設ができないという噂が立っておりますが、バーチャルオフィスだから法人口座開設ができないということはありません。

正しくは、一部のバーチャルオフィスでは口座開設が難しいのです。銀行は総合的に判断しているため、オフィスの形態だけで判断されるとは考えづらいです。

実際にナレッジソサエティのバーチャルオフィスでは多数の法人が口座開設をしており、これまでどこの銀行口座を開設できなかったという声を頂戴したことはありません。

ただし、登記する住所が犯罪に利用されたバーチャルオフィスの場合は、口座開設のハードルは上がります。そのため、審査体制がしっかりとしたバーチャルオフィスを選ぶ必要があります。ナレッジソサエティでは多数の書類をいただくことや必ず対面での審査を行い、時間をかけてご利用者の審査をさせていただいております。

審査に関する情報はナレッジソサエティのバーチャルオフィスの審査体制をご覧ください。

「当事者の声が何よりも真実である」のポリシーのもと、バーチャルオフィス利用者に語っていただいた“法人口座開設に関するとっておきの情報”をご提供していきます。

オフィス運営者や各種専門家の意見はもちろん参考になりますが、ご覧いただいているこれから起業される方に最も近い存在の方は特に説得力があると思います。今回は実際に口座開設をされた先輩経営者にお話を伺いました。

 

今回のインタビューに答えてくださった方

コンサルタントのイメージ

名前:A.S様

設立年月日:2019年3月

資本金:300万円

事業内容:Global MICE開催に関わるコンサルティング、マーケティング

ナレッジソサエティのPR 九段下駅徒歩30秒のバーチャルオフィス

1.バーチャルオフィスの利用について

Q.どのような事業をされていますか?

MICEに関するコンサルティングやマーケティングを行っております。

これまで30年ほどMICE開催に関わる業務に携わっており、具体的には国際会議、企業のコーポレートイベントのサポートをしてまいりました。

この先、小さいユニットでないと提供できない分野があるのではないかと思い、独立、起業しました。MICEには様々な種類がありますが、大きな企業では中々サポートできない部分もありますので貢献できればと思います。

※MICE(マイス)とは、Meeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行、travel, tour)、Conference(国際会議・学術会議)またはConvention、Exhibition(展示会)またはEventの4つの頭文字を合わせた言葉である。ビジネスと関わりがあり多数の人の移動を伴う行事という、企業などの会議やセミナー、報奨・研修旅行、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称で、「ビジネスイベンツ」とも呼ばれている。
Wikipediaより引用

Q.バーチャルオフィスを利用されるきっかけを教えてください。

自宅の住所を公開してビジネスを行うことに抵抗がありましたので、バーチャルオフィスを借りようと思いました。

個人情報を取り扱う時には多数の方がいらっしゃる場所や自宅では難しいので、クライアント先に出向いて行います。

ですので、オフィスの用途は住所だけで十分なのでバーチャルオフィスを借りています。

Q.ナレッジソサエティのバーチャルオフィスを選んでいただいた理由を教えてください。

ネットで比較はしましたが訪問したのはナレッジソサエティだけでした。

以前に千代田区で働いていたこともあり個人的な思い入れもあるので千代田区で開業したいと思っていました。

利用審査に落ちてしまったら次を探そうと思っていましたがその必要はありませんでした。

ナレッジソサエティのPR 法人設立に適したバーチャルオフィス

2.法人口座の開設について

Q.銀行法人口座開設手続き時のメンバーシップを教えてください。

バーチャルオフィスメンバーです。

Q.どちらの銀行口座をお持ちでしょうか?

みずほ銀行 九段支店です。

Q.他行での開設の予定はございますか?

余裕が出てきたら開設したいと思っています。

抑えられるコストはできるだけ抑えたいので手数料が安いネット銀行も開設したいと思っています。

Q.口座開設の流れを教えてください。

日程を記録していましたのでお見せします。

3/1(金)登記申請

3/11(月)登記簿受取

3/13(水)みずほ銀行WEB申込

3/18(月)みずほ銀行より電話があり、面談の日程調整

3/22(金)店舗にて面談と定款、登記簿、住民票、免許証を提出

3/28(木)通帳受取

4/2(火)キャッシュカード受取

4/4(木)WEBマニュアル受取

4/12(金)デビットカード受取

4/15(月)WEBセキュリティ情報受取

※インタビューを2019年に行いました。

Q.面談ではどのようなことを聞かれましたか?

事業内容や売上目標や想定顧客を聞かれましたので、すべて正直にお伝えしました。

顧客については前職のパートナーとして仕事を行うことがメインと回答しました。

Q.気を付けたポイントや工夫したことをお聞かせください。

定款や登記簿など事業を証明できると思うものはすべて提出しました。

Q.印象に残ったことがあればお聞かせください。

特に何事もなく開設出来ました。

Q.口座開設にてバーチャルオフィスがネックとなることはありましたか?

特にありません。

設立前にナレッジソサエティのバーチャルオフィスの利用審査がありますが、しっかりと審査をされていますのでここを通れば大丈夫ではないかと思いました。

Q.これから起業して法人口座を開設される方に向けて一言いただけますか?

ビジネスが適切であることやその仕事に対するマーケットやパートナーなどの基盤がしっかりしていれば大丈夫だと思います。

反対に開設ができない場合には単に口座開設ができなかったと思うのではなく、ビジネスとしてそれがどうなのかを再度見直す必要があるのではないかと思います。

ナレッジソサエティのPR 銀行所有のビルに登記可能なバーチャルオフィス

3.さいごに

お忙しい中インタビューにお答えいただいたA.S様ありがとうございました。

特に新設法人が法人口座開設の申込をする際にはA.S様のように事業を証明する資料をたくさん出されることをお勧めします。
口座開設ができない方にお話をお伺いするとかなりの確率でホームページがなかったり、あったとしても内容が薄くその法人のことも代表者のことも事業についても具体性がないことがほとんどです。
また、請求書や契約書などの取引の実態を証明するものを何もお持ちでない状態です。

その状況では銀行も審査をすることが難しいですよね。

口座開設の申込をする前に以下のことを自問自答いただくことをお勧めします。

なぜ銀行は審査を行うのか?
どういった点が審査対象なのか?
どういった情報をお伝えしたら安心していただけるのか?

法人口座を開設する機会はあまりありませんので、どんな情報を出したらよいのかわかりにくいと思いますが、その場合は普段行っている取引をイメージしてください。

普段の仕事で他社と契約を締結する前には必ず商品の情報や先方の会社を調べるはずです。
よくわからない人からよくわからない商品を購入することはあまり考えられません。

銀行にも自社の情報をちゃんと伝えられていますか?
口座開設をする前に自社の情報を伝える準備をすることをお勧めします。

法人口座開設におすすめの銀行

メガバンク

メガバンクでの法人口座は若干ハードルが高い傾向にありますが、「バーチャルオフィスの住所を使っていることが理由で法人口座の開設を断ることはない」と、少なくとも三大メガバンクのうちの一行の口座開設担当者から直接お聞きしておりますので、メガバンクでの口座開設をあきらめる必要はありません。ナレッジソサエティのバーチャルオフィスをご利用中の法人のキャッシュカードも頻繁に届いております。

ネット銀行

ネット銀行はオンラインバンキングの機能が充実していますし、振込手数料も格安ですので、起業時の資金が潤沢にない時期にはとても便利です。ひとつは法人口座を開いておくべきだと思います。

ただしネット銀行の中にはバーチャルオフィスを利用しているというだけで審査落ちになるネット銀行がありますので注意が必要です。

逆にバーチャルオフィスを利用していることとは関係なく案件ベースで審査をするとしているネット銀行がありますので、そういうネット銀行を選んでください。
特にGMOあおぞらネット銀行はバーチャルオフィスを利用しているから即審査落ちということでないと直接お聞きしているのでおすすめです。

ネット銀行で口座開設をする際のポイントはホームページを持っていることです。そのホームページは具体的な業務内容が確認できることが重要です。
ホームページは銀行口座開設のためのみでなく、中小企業の営業活動には欠かせないものですので、法人口座の開設に合わせてしっかりしたものを作られることをおすすめします。

ホームページ制作のことであればKurumi株式会社をおすすめいたします。

ホームページ無料制作

起業当初はオフィスの費用や販促費などの出費が多々ありますので、抑えられるところは押さえましょう。

現在特別キャンペーンを実施しており、制作費無料(管理費のみ)で御社のホームページを持つことが可能です。

無料相談会も定期的に行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
詳細は上部のバナーをクリックしてください。

⇐ 第23回:バーチャルオフィスで起業し、GMOあおぞらネット銀行にて口座開設。HPの重要性をお聞きした合同会社DLS様インタビューを読む

バーチャルオフィスの法人口座開設実績インタビューページの目次へ

BACK TO TOP
ページ先頭へ