どうしてもバーチャルオフィスの入会をお断りしないといけない方


[投稿日]2017年05月19日 / [最終更新日]2017/09/14

当社のバーチャルオフィス・シェアオフィスは入会にあたって審査を行っており、審査に合格した方のみが入会可能となっております。

しかしながら、審査的には問題なくても入会をお断りしなくてはいけないケースがあります。

それは

すでに契約している方と社名や屋号が被ったり、酷似している

場合です。

これは法的な問題と、私たちのオペレーション上の2つの理由があります。

まず法的な問題ですが、こちらは同じ住所に同じ社名の法人は登記できないためです。法律的に登記ができないためサービスを提供できなくなってしまいますので入会をお断りすることになってしまいます。

もう一つは当社のオペレーション上の理由ですが、こちらは法律的に問題ない場合でもお断りをすることになります。例えば「ABCコンサルティング株式会社」、「株式会社ABCコンサルティング」、個人事業主としての「ABCコンサルティング」というのは理論的には同じ住所で活動することはできます。しかしながらこの3つは区別することが難しいため、当社のオペレーションが正しく行えません。具体的には郵便物の受け取りです。送り主が法人格の位置を100%正しく記載してくれるとは言えませんので、郵便物が届いた際に、同じ社名や屋号が複数あると当社でどなた宛の郵便物なのかが判別できない可能性があります。大切な郵便物を違う契約者の方に誤って送付してしまうと事業上大きな損失を与えかねませんので、あらかじめ入会をお断りするということになってしまいます。

また途中で新しく法人成する場合や社名変更する場合などは事前にその社名が使用できるか確認をしていただくようお願いをしております。特に個人事業主の屋号とかぶってしまっても法務局はい一切そのことについては教えてくれない(そもそも把握していない)の十分注意していただく必要があります。

もし当社でのお申込みをご検討の際には、事前に同じ社名がないかどうかご確認いただけると幸いです。


バーチャルオフィスブログ

バーチャルオフィスについての様々な考察をブログにまとめています。

CATEGORY

おすすめの記事

最近の投稿

ARCHIVES

このブログを購読する