コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > バーチャルオフィス > 銀行法人口座 > 銀行法人口座開設体験談 > バーチャルオフィスでりそな銀行とGMOあおぞらネット銀行の銀行法人口座開設。ベンチャービジネスの育成支援を行うK.F様インタビュー

バーチャルオフィスでりそな銀行とGMOあおぞらネット銀行の銀行法人口座開設。ベンチャービジネスの育成支援を行うK.F様インタビュー

[投稿日]2021年02月20日

バーチャルオフィスでりそな銀行とGMOあおぞらネット銀行の銀行法人口座開設。ベンチャービジネスの育成支援を行うK.F様インタビュー

「できるだけクリアに外部の方にも理解できるような形で説明できる準備が必要なのかなと思います。」

貴重な経験を語っていただけたのは、ナレッジソサエティのバーチャルオフィスを活用しているベンチャービジネス育成支援・コンサルティング会社の代表取締役K.F様です。

このインタビュー記事では、ナレッジソサエティのバーチャルオフィスを活用されている方の法人口座開設実績をお伝えします。

「バーチャルオフィスでは口座開設が難しいって聞くけど、本当?」

そんなことはございません。

バーチャルオフィスだから法人口座開設ができないということはありません。

実際にナレッジソサエティのバーチャルオフィスでは多数の法人が口座開設をしており、皆様のビジネスに支障をきたしておりません。
(そもそも当社のバーチャルオフィスが口座を開設出来ない場合、利用者はビジネスができないので、利用法人がおらず当社が運営できません。)

ただし、登記する住所が犯罪に利用されたバーチャルオフィスの場合は、口座開設のハードルは上がります。そのため、審査体制がしっかりとしたバーチャルオフィスを選ぶ必要があります。

今回のインタビューに答えてくださった方

法人格:株式会社

名前:K.F様

設立年月:2020年11月16日

資本金:300万円

事業内容:ベンチャービジネスの育成支援・コンサルティング業務

ナレッジソサエティのPR 九段下駅徒歩30秒のバーチャルオフィス

1.バーチャルオフィスの利用について

Q.事業内容を教えていただけますか?

当社はベンチャー企業向けの経営コンサルティングの事業をやっております。

私自身がベンチャー企業の管理責任者CFOというような立ち位置で業務を15年ほどやっており、そんなバックオフィス系をメインとしたサービスとして、社外CFOや資金調達、M&Aの支援などの業務を行っていく予定です。

ナレッジソサエティのPR 法人設立に適したバーチャルオフィス

2.法人口座の開設について

Q.法人口座の開設手続き時のメンバーシップを教えてください。

バーチャルオフィスメンバーです。

Q.口座開設の申込をされた銀行を教えてください。

りそな銀行九段支店とGMOあおぞらネット銀行です。

  1. Q.他の銀行の口座開設の予定はありますか?

  2. 今はないです。

  1. Q.口座開設は、法人を設立してどれくらい経過してから申込みましたか?

だいたい法人を設立してから1ヶ月後くらいです。

Q.口座開設までの流れを教えてください。

りそな銀行さんは結構時間がかかりまして、12月頭にネット上で申込み、その後1週間から10日後くらいに電話があり、面談のスケジュール調整ということで都合がついたのは12月24日でした。

なので、12月頭に申込をしてから約3週間後の面談です。

面談の際、私の場合は会社を設立していたわけではなく、起業のタイミングでナレッジソサエティさんを利用させていただきましたので、会社を設立する前の実績がなかったというところで、どういったことをやるのか、どういった事業計画でやるのかといったことをかなり深堀して聞かれました。

会社概要の説明を詳しく載せた資料を提出していましたので、基本的にはそれを作る段階で会社として何をやるかを落とし込んでいたという中で、それを見ながらの説明を銀行の担当の方に行ったという形です。

面談は40分くらいで、担当者は女性の方1名でした。

その後、追加で資料の提出を求められまして、設立後の会社での事業実績というのを出していなかったので、社外の方と結んだ契約書などがあったら出してほしいと依頼を受けました。

設立準備で動いていた時に外部の方と契約していたものがあったので、そちらを翌日郵送で提出しました。

それから年末年始を経て、1月8日に銀行さんから電話がきました。

面談が通ったということで次の手続きの日程をそこで調整して、手続きに具体的に行ったのが1月18日です。

1月18日はりそな銀行 九段支店に行き、書類にサインをしたり印鑑を押したりといった事務手続きをして、それから1週間から10日後くらいにキャッシュカードが届きました。

なので、申込からキャッシュカードが届くまでは約2か月かかった形です。

 

GMOあおぞらネット銀行さんは12月3日に申し込んでいて、それから開設手続き完了の案内を受けたのが12月7日でした。

書類の追加提出や電話確認などはなく、全てネットで完結しました。

その後、1週間後くらいにキャッシュカードが届きました。

Q.銀行口座はどのように使い分けていますか?

今はGMOあおぞらネット銀行を支払口座として、りそな銀行は先方からの入金用に設定しています。

  1. Q.事業内容を説明するため、どういった書類を銀行へ提出しましたか?

  2. 事業内容を説明するため、銀行には以下の書類を一式提出しました。

    ①会社案内のパンフレット

    事業内容、事業目的、顧客ターゲット、費用、経営理念、プロフィールなどが詳しく掲載された16ページ分の資料

    ②バーチャルオフィス使用目的についての資料

    バーチャルオフィスを使用する目的や理由、用途について記載された資料

    (K.F様の場合、事業特性上固定の場所で仕事することが少ないため、柔軟な動きができる環境を必要とし、バーチャルオフィスを選択したという旨の説明)

    ③国税庁法人番号好評サイトに掲載されている会社情報のコピー

    ④中小企業診断士登録証

    ⑤千代田区特定創業支援事業終了証明書

    ⑥取引先との契約書

  3. Q.2行で現地確認、ナレッジソサエティの確認はありましたか?

  4. 特になかったです。

  5. Q.申込にあたって気を付けたポイントや工夫した点などがあれば教えてください。

  6. そうですね、口座だけを使うのであればいいのですが、銀行さんとはその後に融資の取引など関係の長い取引をしていく可能性があります。

    ですので、やはり誠実に自分のやっている事業ですとか、事業の見通しや会社としてどうやっていくのかなど、できるだけ解像度を上げて、担当者の方がイメージいただけるように丁寧に説明するというところは気を付けました。

  7. Q.ご自身の中で、口座開設にプラスとなったと思われる要因はありますか?

  8. 千代田区の特定創業支援事業を受けていたことがプラスになったと思います。

    事業計画や経営戦略などを千代田区の創業支援の担当者の方とお話しして、創業支援を受けると証明書を発行していただけるのですが、その証明書も銀行に提出したことでプラスになったのではないかと思います。

  9. Q.口座開設にバーチャルオフィスはネックになりましたか?

  10. 最初は構えていましたが、そういったことは特になかったです。

  11. Q.これから法人口座を開設される方に向けてアドバイスをいただけますか?

  12. ナレッジソサエティさんのバーチャルオフィスは認知度や法人口座開設されている方の実績など信頼感があると思います。

    しかし、オフィスがどうというよりは、自分の事業自体がしっかり収益を上げていくもので、銀行さんにも迷惑をかけない事業なのか、ビジネスとして成り立つのかということを口座開設の段階で説明できる必要がありますので、できるだけクリアに外部の方にも理解できるような形で説明できる準備が必要なのかなと思います。

  13. さいごに

  14. お忙しい中インタビューにお答えいただいたK.F様ありがとうございました。

提出書類の事前準備をしっかり行っていたことや、千代田区の特定創業支援事業を受けていたことなど、入念に用意をしていたことが、今回の法人口座開設につながったのだと感じました。

K.F様の事業内容は専門性が高いのですが、外部の方にも理解できるような形で資料が分かりやすくまとめられており、こういった点も銀行の担当者に好印象だったのだと思います。

K.F様のおっしゃる通り、自身の事業がしっかり収益化していける見通しがあり、ビジネスとして成立するかどうかを明瞭にすることが、法人口座開設におけるもっとも重要な要素と言えるでしょう。

法人口座開設におすすめの銀行

メガバンク

メガバンクでの法人口座は若干ハードルが高い傾向にありますが、「バーチャルオフィスの住所を使っていることが理由で法人口座の開設を断ることはない」と、少なくとも三大メガバンクのうちの一行の口座開設担当者から直接お聞きしておりますので、メガバンクでの口座開設をあきらめる必要はありません。ナレッジソサエティのバーチャルオフィスをご利用中の法人のキャッシュカードも頻繁に届いております。

ネット銀行

ネット銀行はオンラインバンキングの機能が充実していますし、振込手数料も格安ですので、起業時の資金が潤沢にない時期にはとても便利です。ひとつは法人口座を開いておくべきだと思います。

ただしネット銀行の中にはバーチャルオフィスを利用しているというだけで審査落ちになるネット銀行がありますので注意が必要です。

逆にバーチャルオフィスを利用していることとは関係なく案件ベースで審査をするとしているネット銀行がありますので、そういうネット銀行を選んでください。
特にGMOあおぞらネット銀行はバーチャルオフィスを利用しているから即審査落ちということでないと直接お聞きしているのでおすすめです。

ネット銀行で口座開設をする際のポイントはホームページを持っていることです。そのホームページは具体的な業務内容が確認できることが重要です。
ホームページは銀行口座開設のためのみでなく、中小企業の営業活動には欠かせないものですので、法人口座の開設に合わせてしっかりしたものを作られることをおすすめします。

ホームページ制作のことであればKurumi株式会社をおすすめいたします。

ホームページ無料制作

起業当初はオフィスの費用や販促費などの出費が多々ありますので、抑えられるところは押さえましょう。

現在特別キャンペーンを実施しており、制作費無料(管理費のみ)で御社のホームページを持つことが可能です。

無料相談会も定期的に行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
詳細は上部のバナーをクリックしてください。

⇐ 第26回:大学に通いながらバーチャルオフィスで起業してGMOあおぞらネット銀行にて銀行法人口座開設。クローク事業会社の湯村理人様インタビュー

バーチャルオフィスの法人口座開設実績インタビューページの目次へ

BACK TO TOP
ページ先頭へ