経費削減を目的としたことによるリスク・・・仕事効率化コンサルタントA.Y様 インタビュー

2018年10月14日
Category :

失敗談インタビューのバナー

 

「稼げない段階のうちはコストをなるべくかけたくないと安易に考えてしまったことでした。」

 

そう語るのは、仕事効率化コンサルタントのA.Y様です。

 

こんにちは、東京千代田区九段下のシェアオフィス・バーチャルオフィスのナレッジソサエティの渡部です。

このインタビュー記事では、各業界で活躍している経営者に起業や経営の難しさ、失敗談や反省を伺い、お伝えします。

各業界で活躍されている経営者も多数の失敗やテストを繰り返し、ようやく成功へとたどり着くことが多いと思います。そこで今回は中々表には出ない失敗談や苦労話を聞いてみたいと思います。厳しい時期の乗り越え方や「今ならこうする。あの時もっとこうすれば良かった。」という反省点を語っていただき、皆様にご提供していきます。

シリーズ第9回目となる今回は、仕事効率化コンサルタントのA.Y様です。

A.Y様は、半導体メーカー2社、医療機器メーカーで計10年勤務。その後、海外営業や営業事務として約10年間勤務。その後、止むを得ず非正社員として勤務をすることとなり、週末起業状態で少しずつフリーランスの活動をスタート。会社員時代の経験を活かし、8年前からオフィス仕事効率化サービスの営業活動およびコンサルティング対応をしています。

失敗から学ぶことも大事という本記事の趣旨に共感いただき、A.Y様に特別に“これまでの失敗談や反省点”について語っていただきました。

 

これから起業する人や新たな挑戦を試みている方にぜひお読みいただきたい記事です。

 

今回のインタビューに答えてくださった方

起業家インタビューの写真

名前:A.Y様(女性)

事業開始日:2010年

事業内容:仕事効率化サービスの営業およびコンサルティング

 

■目次
1.経営の難しさ、失敗談、反省点 
 1-1.はじめに 
 1-2.セミナーや交流会への積極投資をしなかったこと
 1-3.自作で何とかしようとして、却って時間とお金を浪費 
 1-4.お金で時間とスキルを買え! 
 1-5.さいごに
2.まとめ 

 

ナレッジソサエティのPR 九段下の駅近バーチャルオフィス

1.経営の難しさ、失敗談、反省点

1-1.はじめに

今から考えると失敗したと感じることは、稼げない段階のうちはコストをなるべくかけたくないと安易に考えてしまったことでした。なるべく節約しよう、何でも自作で解決しよう、と効果的にお金を使ってこなかったことで、ビジネスの成長を大分遅らせてしまったと悔やんでいます。具体的には、ケチってセミナーや交流会に参加するのを控える、積極的に広告投資や外注をしてこなかったことなどが挙げられます。

 

1-2.セミナーや交流会への積極投資をしなかったこと

セミナーや交流会に参加していると、参加費や交通費であっという間にお金が飛んでいくため、収入が少ない起業したての段階では特に不安になります。一方で、大きな仕事・重要な仕事はほとんどと言っていいほどwebではなく人経由でやってきている、と最近になって実感するようになりました。最速で成果を出すには接近戦、つまり知人を増やしてお役に立つ努力をするのが最も効果的とも言われます。初期段階こそ不安を乗り越えて、どんどん新しい人に出逢える場に赴きましょう!すぐには売上につながらないかもしれません。しかしいろんな人から話を聴き、あなたやあなたのビジネスを全く知らない人に対して自己紹介する機会が増えるため、プレゼンスキルが上がります。他人と接すること、相手の反応を観ることを通じて、いろんな気づきやサービス改善にもつながります。

今まで最も有効な自己投資と個人的に感じているのは、3ヶ月~半年の高額・継続型セミナーに参加して仲間を増やすことです。そこで出逢った仲間とは信頼関係が生まれてセミナー終了後も仲良くなることができますし、ビジネスの相談にも気軽に応じてくれます。同期が直接発注してくれるだけではなく、ニーズにあった人を紹介してくれること、ビジネスにつながる知識やきっかけを提供してくれることもありました。高額セミナーへの参加の決断はとても勇気が要りますし、高額を振込むときには指が震えます。だからこそ参加費の元を取ろうと自分も必死になるため、非常に有効な手法なのです。

お金が出て行く恐怖に負けて、私はよく無料や低額のセミナーばかりに参加していました。仮にビジネス初期段階でもひるまずに高額セミナーへの参加を決断できていれば、お金のマインドブロックも外れ、レベルの高い仲間ができてセルフイメージも上がるため、現時点の売上に達するまでの時間をぐんと縮められたように思います。

 

1-3.自作で何とかしようとして、却って時間とお金を浪費

フリーランスは特に営業・事務・経理を全て自力で行わなくてはならないため、いくら時間があっても足りないはずです。一方で、まずはコストを抑えなくてはならないから自作だ!と安易に考えていました。そのためホームページ制作の講座に参加する、自作ソフトを購入する、無料のデザインソフトでイラスト作成、といったことを繰り返しました。本来ホームページ制作やデザインソフトに習熟することが目的ではないはずなのに、ついそちらに時間をかけすぎてしまったように思います。

そうして苦労して作ったわりには、自作のホームページやチラシは素人っぽく感じられました。手作り感満載の販促物では、肝心のサービスそのものも素人っぽい印象を与えるのではと不安になることも多かったです。どうにかならないものかとデザインテンプレートや無料素材サイトを必死で探し、使い慣れないデザインソフトで何とかしようと試みましたが、素人っぽさはどうやっても抜けませんでした。

また無料のデザインソフトは、素人が操作するには機能も用語も複雑すぎて全く訳がわからず、欲しい機能を見つけるだけでも膨大な時間を要しました。少しだけ体験したフォトショップ系のソフトは非常に操作性が良かったので、そういった意味でも無料・格安にこだわりすぎるのは危険だと感じます。

 

1-4.お金で時間とスキルを買え!

ホームページは今でも頻繁に更新するため、業者に丸投げというのも難しい状況ですが、仮に今やるなら自作ソフト購入ではなく、ホームページの土台づくりを業者に外注するでしょう。具体的にはワードプレスの基本設定やサイト内で使うイラスト検索および設定、イラストデザインをプロにお願いして、ホームページのテキストをすぐ追加できる状態に、ブログもすぐに投稿できるように準備してもらうことを考えます。そうすることで自作するために学ぶ・試行錯誤する・素材を探すといったムダ時間や労力を省くことができ、本業の集客やマーケティングに専念できます。

最近になって販促用のチラシ作成を思い切って知人のプロにお願いしてみました。最初は少し勇気が要る金額に感じましたが、コピーライティングやカラーリング・図解・サービスPRなど、素人の私では到底イメージできないレベルに仕上がっていました。なぜ早くこうしなかったのだろうと今になって悔やんでいます。時間をお金で買う感覚を持て!と、自戒も込めて伝えたいです。

 

1-5.さいごに

仮に今からビジネスをスタートするなら、高額セミナーをはじめとして仲間を増やす場に積極的に赴くこと、プロの力を借りてビジネスを効率的に拡大させることを考えます。お金をむやみやたらと使っていいわけでは決してありませんが、時間や労力が大幅に節約できると判断できる場合には、思い切って先行投資を行いましょう。

 

ナレッジソサエティのPR 銀行ビルのバーチャルオフィス

2.まとめ

起業したものの思うように売上が立たない日々が続く・・・

ツールやコミュニティやコンサルタントなどに投資をすればリターンを見込めるとは頭ではわかっているものの、売上が不十分なために不安が勝り投資を抑えてしまう。

状況が変わらない。

 

同じような悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

A.Y様のように壁にぶつかった時には状況を変えてみると良いでしょう。

セミナーで状況を打破できるアイデアが見つかったり、交流会でビジネスパートナーや相談できる仲間が見つかるかもしれません。

Web制作については当社のお客様でもよくある事例ですが、全てを自作で行うことで経費だけは削減はできます。しかし、その分スタートが遅れますので売上を得るための活動時間も減ってしまいます。

ご自身でできないことは専門家を頼り、営業に集中することをお勧めします。

仮にお金をかけるほどじゃなくとも、手続き等でどうしてもHPが必要な場合にはWixJIMDOなど無料(機能により有料)でHPを作成できるツールもありますので必要に応じて使用してみてはいかがでしょうか。

WixJIMDOは、用意された多数のレイアウトからお気に入りのものを選択し、画像や文章を挿入すれば完成します。PowerPointのような感覚でドラッグ&ドロップでHP画面を見ながら操作できますので、HTMLやCSSなどプログラミング言語を知らなくても簡単に作成できます。

 

以上、第9弾は仕事効率化コンサルタントのA.Y様でした。

 

⇐ 第8回:夫婦経営の失敗談。経費を抑えたら売上も下がる。元和食料理屋経営者ハナ様 インタビュー

⇒ 第10回:売上=手元に残るお金ではない・・・フリーライターM.H様 インタビュー

先輩起業家が語る!経営の難しさ、失敗談、反省点インタビューページの目次へ