週末起業とは?成功例の多いアイデア4選&失敗しない3つのポイント

2018年08月31日
Category :

週末起業とは、気軽に起業できることから最近注目され始めた新しい起業スタイルです。
しかし、いくら気軽に始められるからといって何の知識もないまま行動すると必ず失敗します。

ここでは、週末起業の基本的な知識をはじめ、成功例の多いおすすめアイデアや成功するために大切なポイントなど、これから週末起業を始めたいという方にとって有益な情報を紹介します。

一生サラリーマンとして雇われる人生よりも、自分のやりたいこと・好きなことで利益を確保したい!独自のビジネスを立ち上げたい!そんな方は必見です。

目次

 

1.週末起業とは

週末起業とは、勤めている会社(本業)を辞めずに空いた時間を使って起業することです。
仕事が終わった後や土日休みを利用して、自分でビジネスを立ち上げます。

週末起業とは

これまで”起業”をする際は本業を辞めてから独立するという方法が一般的でしたが、リスクが高いことが理由で、なかなか踏み切れない方が多いというのが現状でした。
しかし昨今では、「会社員を辞めずに起業する」という選択肢が登場したことで誰でも気軽に起業が出来るようになりました。
そのため、インターネットを通じ小資本で起業する方も増えてきています。

・働いていくうちに自分のやりたいことが見つかったが、長い間積んできたキャリアを諦めてまで起業するにはリスクが大きすぎる
・空いた時間を使ってお金を稼ぎたいが、ただアルバイトなどの副業で稼ぐだけでは物足りない

こんなお悩みを持つ方におすすめの起業スタイルです。

 

1-1.週末起業のメリット

週末起業には、以下4つのメリットがあります。

①本業を辞めずに起業ができる

②万が一失敗しても収入がゼロになるリスクがない

③本業の仕事にはない「やりがい」を感じられる

④ある程度基盤が出来てから独立できる

会社員として給料を貰いながら、好きな時間に好きなビジネスを始められ、さらにそのビジネスが軌道に乗れば会社を辞めて独立・法人化することも可能です。
自分がやりたいこと・好きなことができていない堅実派のビジネスパーソンにとって、ローリスクで手軽に始められる週末起業は魅力的ではないでしょうか。

 

1-2.週末起業のデメリット

リスクの低さが魅力の週末起業ですが、デメリットも少なからず存在します。
週末起業には、以下3つのデメリットがあります。

①プライベートの時間が減る

②体調管理をしなければ本業に支障が出る可能性がある

③事業計画を行わなければ失敗しやすい

今までゆっくり休んでいた時間が減ることにより、体調を崩してしまうこともあります。
体調を崩すと本業にも大きな支障をきたしてしまいます。

そのため、週末起業はメリット・デメリットを踏まえて無理のない計画をたてることが大切です。

 

1-3.週末起業をするにあたって必要な準備

週末起業を成功させたいなら、前もって必要な準備を整えておくことが望まれます。
では、具体的に何の準備が必要なのでしょうか。実際に多くの起業家が週末起業を始める前に行っている準備をみてみましょう。

週末起業をするにあたって必要な準備

①資金チェック

週末起業は小資本で始められることが大きな魅力ですが、ビジネスを立ち上げるためには最小限の投資が必要です。
週末起業の内容によっては経費などが別で必要になる場合もあるため、資金をしっかり準備しておく必要があります。

何が起こるか分からない週末起業。できれば、余裕を持った資金計画で臨みたいところです。

②時間の確保・管理

週末起業を始めるためには、業務にあてる時間を確保する必要があります。
しかし、ここにも一つ注意点があります。

週末起業をスタートする際、ついつい張り切ってしまい、休みの日でも休む暇なく週末起業に力を入れてしまう方が多くいます。
最初から完璧を求めて進めてしまうと、一日でもしっかりできなかった日があった際にやる気が無くなってしまい、結局週末起業を諦めたという方も少なくありません。

自己管理を怠り無計画に時間を使い進めてしまうと、確実に失敗の道へ進んでしまいます。そのため、自分に無理のないスケジュールで時間を確保しましょう。

③週末起業のアイデアを決める

週末起業を検討している方の中には、すでに自分の中である程度イメージが決まっている方もいるでしょう。しかしその一方で、まったくアイデアが浮かばず困っている方もいるかもしれません。

また、大まかに決まっているという方でも、いざ週末起業を始める際には結果的にどの分野のどんなやり方で勝負をするのか迷ってしまうこともあります。

アイデアが定まらないために、いつまでも週末起業の行動に移せないということだけは絶対に避けたいポイントです。週末起業をする前に、どんな事業を始めたいのかしっかり絞り込みましょう。

 

2.自分に合った業種を選ぼう!週末起業のおすすめ業種アイデア

成功例の多い週末起業

週末起業にはたくさんの業種がありますが、中でも特に成功例の多いアイデアは上記の4つです。
スキルのない初心者でも興味があれば簡単に始められる業種から、資格や得意なことを活かす難易度が高い業種まであります。
また、この4つの業種の中でさらに細かなジャンルに分かれます。

ここからは、業種別の細かなジャンルについて紹介します。ぜひ、週末起業アイデアの参考にしてみてください。

 

2-1.ホームページ運営

ホームページ運営

ホームページ運営は、運営しているサイトに広告を掲載し、アクセスを集めて広告収入を得る方法です。
難易度の高い専門的な知識が不要のため、誰でも気軽に始めることが可能です。

ホームページ運営はブログやポータルサイトなどさらに細かく分かれていますが、特にブログ運営は自分の趣味に沿って好きなテーマを選び自由に記事を書くことができるため、多くの方に選ばれています。

テーマによっては競争が激しくなっているものの、独自性のあるコンテンツを提供するなど、工夫次第で多くの顧客を獲得することが可能です。

 

2-2.ネットショップ運営

ットショップ運営

ネットショップ運営は、物を販売して収入を得る方法です。 実店舗を出さずネット上での店舗経営は低コスト・低リスクであるため、将来的に店舗を持ちたいと考えている方に選ばれています。 現在はネットショップを利用するユーザーが増えてきているため、将来性のあるおすすめの週末起業方法です。

販売する商品は自由ですが、特定の商品に特化した専門性の高いネットショップの方がよりユーザーのニーズを掴むことが可能です。

また、DIY品やハンドメイド品をネットショップで出品する方も増えています。ハンドメイド品は低コストの材料費でコツコツと収入を得ることが可能です。自分で作った商品を購入してくれるファンが増えると、大きなやりがいも感じられます。

 

2-3.技術提供

技術提供

技術提供は、持っているスキルを活かし、その技術を必要としている方に提供した対価として収入を得る方法です。
プログラミングやWebデザイン制作、イラスト制作、ライティング代行サービスなどがあります。

インターネットが普及している現在、膨大な数のWeb関係の仕事があります。
そのため、特定のスキルを持っているだけで常に仕事があるといっても過言ではありません。

また、依頼される仕事は小さな案件から大きな案件まで豊富にあるため、一度に大きな収入を得られるお仕事が見つかるかもしれません。

 

2-4.コンサルタント

コンサルタント

コンサルタント事業は、特定分野で悩みを持っている方の相談相手や、アドバイスで解決に導き収入を得る方法です。
特定業種の専門的な知識を持っている方に選ばれています。

コンサルティングの種類はさまざまで、本業で培った営業スキルやノウハウを教える営業コンサルタントや、自身のマンション経営体験談をもとに不動産投資の相談に乗る経営コンサルタントなどがあります。

たとえ聞いたことがないようなジャンルのコンサルタントであっても、ライバルが少ないため先駆者として有名になり、大きな成果を得られる可能性もあります。

他の人にはない能力やスキルを持っているならコンサルタントがおすすめです。

ここまでで成功事例の多い業種アイデアを挙げましたが、週末起業にはまだまだたくさんのジャンルがあります。持っているスキルややりたい事を考えた上で絞り込んでいきましょう。

 

3.週末起業を成功させるために大切な3つのポイント

週末起業は「低リスク」と言われているため、中には失敗することを前提に始めてしまう方もいます。
しかし、せっかく週末起業を始めるなら成功させたいですよね。
そのためには、成功させるためのポイントをしっかりと把握しておくことが大切です。

週末起業を成功させるために大切なポイントは、以下の3つです。

・なるべくお金をかけない

・しっかり目標を立てて計画的に行動する

・集中できる場所を確保する

ここからは、この3つのポイントについて詳しく説明します。

 

3-1.なるべくお金をかけない

「多額の資金が必要ない」「リスクが少ない」という点は、週末起業ならではの大きなメリットです。
しかし、実際に週末起業を始める時に最低限の準備を整えておこうとするあまり、ついつい初めのうちからお金をかけすぎてしまう方もいます。

週末起業は少ない時間を有効活用して徐々に収入を増やしていくものなので、まずは極力お金をかけずに事業を確立・収益化できる方法を探すことが大切です。初めのうちから多額の費用をかける必要はありません。

 

3-2.しっかり目標を立てて計画的に行動する

週末起業は”やりたいことで収入を得る”サラリーマンに最適な起業スタイルです。しかし、「低リスクだからとりあえずやってみよう」という気持ちで始めて成功する確率は極めて低いでしょう。

かといって、ハードルの高い目標を立てることは逆効果です。 途中で諦めてしまわないよう、まずは「一ヶ月〇万円の収入」など小さな数字を目標に、プライベートの時間も大切にできる無理のない計画・戦略をたてましょう。

また、家庭をもっている方は週末起業を始める前に家族としっかり相談しておくと安心です。

 

3-3.集中できる場所を確保する

「週末起業でビジネスを立ち上げてみたけれど、自宅だと子どもがいて落ち着かないし、なかなか集中できない!」

このように、せっかく週末起業を始めてみたにも関わらず、環境のせいで仕事がはかどらないという方もいます。子供がいる家庭であればなおさらです。

そんな方に最適な解決策があります。それがレンタルオフィスです。
レンタルオフィスなら静かなワークスペースがあるため、仕事に集中して進めることができます。
また、レンタルオフィスには会議室もあるため気軽にセミナーを開催することも可能です。

週末起業の作業場所について悩んでいる方は、集中できる場所の確保としてレンタルオフィスを検討してみると良いでしょう。

 

4.週末起業から独立するタイミングは?

私たち週末起業から独立しました!

週末起業を始めてある程度軌道に乗ってきたタイミングで独立する方が多いですが、その明確なタイミングについては人によりさまざまです。
大半の方は独立計画を立てていますが、中には「収入や期間の計画を立てず気まぐれで独立し、結果的に成功した」というラッキーな成功者もいます。

独立するタイミングは自由ですが、事前の準備なく独立するのはやはり不安です。
現実的に独立するタイミングを考えるなら、多くの方が独立を決めているタイミングを参考にしてみましょう。
独立を決めるタイミングの目安には、大きく分けて2つのパターンがあります。

①毎月の収入金額

②起業からの期間

毎月の収入金額を目安にしている方は、慎重派の方に多い傾向です。
「本業よりも毎月の売上が超えた時」「月商100万を超えた時」など、独立しても問題なく生活できる数字で設定し、その数字を超えたタイミングで独立しています。

起業からの期間を目安にしている方は、計画派の方に多い傾向です。
「起業から半年後」「起業から1年後」など、無理のない起業計画を立てて独立しています。

週末起業から経営者・個人事業主として独立へのステージアップを目指すなら、一人の起業家として「自分にとって最適な独立のタイミングはいつなのか」を考えましょう。

 

まとめ

週末起業は、単純に収入を増やす目的ではなくこれまで実現できなかった自分の夢を実現したい方に最適な手段の1つです。
初期投資の少なさやリスクの少なさ、空いた時間にできる手軽さから、今ではサラリーマンだけでなく主婦の方も始めています。

人によって得意な分野・不得意な分野は異なります。自分の強みを理解し、上記で説明した週末起業のアイデアや週末起業が成功するポイントを参考に週末起業を成功させてください。