コロナウィルス感染拡大に伴う弊社の対応について(入会希望の方もご一読ください。)

東京都千代田区のバーチャルオフィス・シェアオフィス
九段下駅から徒歩30秒 法人登記可能 格安セミナールーム

03-6272-5627

営業時間 8:00~22:00 / 郵便問合せ休止11:30頃~17:00頃
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

    シェアオフィス・バーチャルオフィス@東京都千代田区|ナレッジソサエティ > 起業ノウハウ > 起業・独立 > おすすめ起業アイデア7選|それぞれのメリット・デメリットまで

おすすめ起業アイデア7選|それぞれのメリット・デメリットまで

[投稿日]2019年05月29日 / [最終更新日]2021/11/30

おすすめ起業アイデア7選|それぞれのメリット・デメリットまで

自分らしく仕事ができるという魅力から、起業を目指す方は多くいます。もし成功すれば、会社に雇用されていた頃よりも、大幅な年収アップが期待できるでしょう。

しかし、起業を成功させるためには、ライバル企業と肩を並べるだけの工夫や計画性の高さが必要です。そこで今回は、これから起業を目指す方におすすめの起業アイデアを6つご紹介します。アイデアを出せなくて困っている方は、ぜひ選択肢を広げるための参考にしてください。

知らなきゃ損!起業アイデアにおける本当の考え方とは?

ビジネスを成功させるために、独創的なアイデアや、儲かりやすいやり方を考えることはもちろん大切です。しかし、起業前にアイデアを確立しておくことだけが得策ではありません。

なぜなら、今まで起業をしたことがない方が、いきなり売れる商売を見つけられることはほぼ不可能と言っても過言ではないためです。どれほどマーケティングや経営学を勉強している方でも、100%成功するビジネスを見つけられるわけではありません。

しかし実際に起業し、既に独立できている方の多くは、一度どこかで雇われた経験を持っています。たとえばフリーライターの場合、高い原稿料で取引ができる方の多くは、出版社などで執筆・編集経験を経てから独立しています。

つまり、起業を行う前に人から学び、真似をして経験を積むことが大切ということです。成功者の真似をするうちに、自然と自身に適切な働き方が見えてくるでしょう。この発想こそが、起業アイデアの一部です。

起業を目指すからと言ってすぐにアイデアを固める必要もなければ、独創性にこだわって一からアイデアを出そうとする必要もありません。資金調達やスキルアップなど、まずは自分にできることを見つけましょう。

まずは「自分を知る」ことから始めることが重要

起業アイデアを出す際、リスクを回避するために、予算や起業内容の難易度などで考えようとする方も多くいるでしょう。しかし、自分に適した起業方法でなければ長続きはできません。

自分に合った起業内容を見つけるためには、まず「自分を知る」ことが大切です。
では、具体的にどのようにして自分に向いている起業内容を探せば良いのでしょうか。以下の4点をポイントに、自分自身のことを整理してみてください。

①持っているスキルや強み

②楽しいこと・好きなこと

③お客さんのどのような問題を解決させたいか

④モチベーションが向上するタイミングはどんな時か

日常の中からアイデアを見つける

前述したポイントをもとに自身の起業内容をイメージすることができたら、次は世の中にどんな需要があるのかに目を向けてみましょう。ポイントは、自分自身が日常生活を送る中で得た気づきから発想してみることです。些細なことであっても「不便だ…」「こういうものがあったらいいのにな…」と感じた経験が、起業のアイデアに直結するのです。

ニッチな層を狙う

また、ニッチな層を狙うのも一つの手です。なぜなら、特定のジャンルに関心を持つ人たちに向けたビジネスはサービスとしての特徴をつけやすく、また競合が少ないため軌道に乗せやすいためです。

「リーンスタートアップ」の考え方でライトに仮説検証する

ビジネスのアイデアが浮かんだら、どのように形に落としていくかを考えていきます。ここでは多くのベンチャー企業が実施している「リーンスタートアップ」の考え方を紹介します。

リーンスタートアップとは、マネジメント手法の一つです。新たなビジネスを立ち上げる際に、最初からコストをかけるのではなく、まずは最低限の機能を持った試作品を短期間で作ります。そしてその試作品に対する顧客の反応を集め、より満足されるようににブラッシュアップしていくのです。

試作品にはあれこれ機能を盛り込みすぎず、あえてシンプルにして検証するのがコツです。そうすることで、もし思ったような反応が得られなかった場合にすぐに問題点を把握できるからです。

検証をすることで、大きな軌道修正や根本的な変更が発生するかもしれませんが、この段階での失敗は経験として蓄積できるので、事業の成功率を高めることに繋がるでしょう。

手間がかかっても正しい軌道修正をすることができれば、結果的にはコストの削減・時間の節約に繋がります。

【厳選】気軽に始められる起業アイデア7選

携帯電話やタブレットなど、1人が1台以上の通信端末を所持することが一般的となった現代では、インターネットビジネスも急激に増加しました。今後もさらなる発展が期待されているインターネットだからこそ、ビジネスの幅も広がります。

では、インターネットを利用してできるビジネスにはどんなものがあるのでしょうか。幅広い年代の方が挑戦している人気度の高い起業アイデアを6つ紹介します。

①ネットショップ

ネットショップは、自身でサイトを開設したり、アプリを使ったりして仕入れた商品を販売するビジネスです。実店舗を持たないため、接客に自信がない方でも挑戦できます。

メリット デメリット
  • すぐに始められる
  • 初期費用をかけずにできるものもある
  • 実店舗を持たないため最小限の人件費で運営可能
  • 売れるサイト作りを行う必要がある
  • 在庫を抱えるリスクがある
  • 宣伝が難しい

実店舗を持たないネットショップは、家賃や人件費、光熱費など不要なお金がかかりません。店舗展開がないことで商品の管理もしやすく、リスクが少ない状態で運営できます。

しかし、商品を安定的に販売できるようになるまでには、多くのユーザーからネットショップの存在を知ってもらわなければなりません。しっかりと広告を打ち、「売れるサイト作り」を工夫することが、成功するための重要なコツと言えるでしょう。そのためには、サイトのデザインや操作性に加え、口コミの量や評価の内容も大切です。ネットショップが無数にある時代において、如何に埋もれずに選んでもらえるか工夫が必要なのです。

さらにサイトに人が訪れても商品の購入に繋がらなければ利益にはなりません。ネットショップでは、顧客は直接商品を見ることができないので、商品の詳細を正しく魅力的に伝える努力も必要です。

②動画制作

撮影した画像や動画などを編集し、動画を制作する仕事です。現代では、高性能ビデオカメラがなくてもスマホなどで簡単に高画質の動画が撮影できるため、初期費用も比較的安く抑えられます。

メリット デメリット
  • 1件当たりの単価が高い
  • アイデアを形にできる
  • デザインや魅せ方のスキルが必要
  • 編集ソフトなどによっては多額の費用がかかる

動画の種類によっても異なりますが、単価の目安は10~20万円程度です。動画の制作に慣れ、ある程度スキルを身につけることができれば、一般会社員より高収入を得ることも夢ではありません。

しかし、現代では誰でも簡単に編集できる動画編集アプリもあります。クライアントから依頼をもらうためには、さらなる高度なスキルが必要です。動画制作会社で実績を積んでから独立する人も多くいますが、もし自力でスキルを高めるのなら、スクールに通うなどして最新の技術を学び続ける努力が必要でしょう。

スキルを身につけるまでは苦労するかも知れませんが、実績を積むことができれば価格も上がりますし、SNSやホームページなどに実績を掲載することで仕事を増やしていくことができます。手に職をつけてじっくりと作業をするのが好きという方には特におすすめの職種です。

③サイト制作

企業を対象に、サイト(ホームページ)を制作する仕事です。サイトを作って終わりではなく、定期的なメンテナンスやサポートなども一定数以上の需要があるため、長期的に依頼をもらえるケースは少なくありません。

メリット デメリット
  • 仕入れや在庫という概念がない
  • パソコンがあればいつでも・どこでも作業できる
  • サービス内容によって高収入が狙える
  • デザインセンスが問われる
  • SEOなどが制作以外のスキルを求められることも多い

企業の狙いは、サイトの閲覧数を上げることです。そのため、見やすいデザインで作ることはもちろん、SEOなども意識してサイト制作を行うことが求められます。

サイト制作に必要なスキルを身につけるためには、独学やスクールで学ぶなどの選択肢がありますが、いずれも時間と費用がかかるため、ある程度の準備期間を覚悟しておく必要があります。ただし、習得できればパソコン一台で作業できる仕事内容なので、時間や場所の制約から自由になることができます。ライフスタイルを自分の理想通りに組み立てていけるのは、大きなメリットではないでしょうか。

④フリーライター

Webもしくは雑誌に掲載する記事を書く仕事です。現代ではWebサイトから情報を得ようとする方が増えており、ますますフリーライターの活躍の場は広がっています。
そして、数多くの案件を扱うクラウドソーシングサービスの普及により、未経験者でも挑戦可能です。そのため、副業としてWebライターをしている主婦や学生の方もいます。

メリット デメリット
  • パソコンがあればできる
  • 知識や経験を活かした執筆も可能
  • 初期費用なしで始められる
  • 文章スキルが必要
  • 単価が安く稼げない場合もある

特別な資格も必要なく、パソコンとインターネット環境が整っていればいつでも仕事ができるライター業は、起業アイデアとしても人気です。

また、フリーライターの中にはブログ運営をしている方もたくさんいます。ブログはライターにとってポートフォリオともなり、閲覧数が多ければブログ収入も得られるという一石二鳥の方法です。

ライターの仕事は、最初はどうしても低い金額の仕事しか得られないことが多いですが、実績を貯めていくことで単価を上げる交渉をすることができます。とはいえ、競争率が高い世界であるのは事実ですので、できれば他のライターとの差別化を図ることが重要です。特定のジャンルに絞って実績を積んだり、専門的な知識を身につけることで、早くからまとまった収入を狙えるはずです。

⑤スクールビジネス

スキルや知識を持つ人が教室を開き、受講生に教えることで収入を得る仕事です。受講料だけでなく入会金などの集金があり、ビジネスチャンスも多いです。

メリット デメリット
  • 経験や強みを活かせる
  • 受講料などを自由に設定できる
  • 楽しみながら仕事ができる
  • ライバルとの差別化が必要
  • コミュニケーション能力が必要

起業アイデアにスクールビジネスを採用する最大のメリットは、好きなものを仕事にできることです。今までの経験や強みを活かせるだけでなく、モチベーションを維持して仕事ができます。

しかしライバルが多いため、人気スクールまで成長するためには努力と工夫が必要です。
ライバルとの差別化を図るためには、「“パン”を専門とする料理教室」のように、何か1つのジャンルに特化したスクールを開きましょう。

スクールなどの指導する側の仕事は、高い知識とコミュニケーションスキルが求められます。多くの人と言葉を交わしながら学びの場を作り上げていくという特別なやりがいがありますが、一方で教育業務独特のストレスを感じることもあるかも知れません。自身の性格が向いているか、一度分析してみるのが良いでしょう。

⑥オンラインサロン

オンラインサロンとは、Webサイトを通じて主催者と会員がやりとりできるコミュニティのことで、会員の月額料金が主な収入となる仕事です。写真や動画の発信を行う場合もあれば、ファンクラブのように特定の話題について情報を交換する場にも利用されます。

メリット デメリット
  • 安定した利益が期待できる
  • ファンがつけば儲かる
  • 会員が少ないと儲からない
  • コンテンツに工夫が必要

オンラインサロンで儲けるためには、「会員数」が最も重要と言っても過言ではありません。アーティストやタレントなどが開設したオンラインサロンは人気が高く、その数に応じて収入もアップします。 しかし名の知れていない一般人が、オンラインサロンを開設することはハードルが高く、会員数を増やす努力を続けなければなりません。また、せっかく入会した会員が退会しないよう、常に何らかの工夫をしなければならないため、コンテンツを充実させるなどのパフォーマンス力も不可欠です。

SNSなどでサロンの存在を広めることに成功し、一定のメンバーを獲得できれば、継続して安定した額の収入を手に入れることが可能です。

不特定多数の人に興味を持ってもらうことがまず重要なので、ご自身の経歴等を分析して、他の人にないような個性を見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

⑦コンサルタント

コンサルタントとは、特定の分野において助言や指導などのコンサルティング業務をする人のことです。一言でコンサルタントと言ってもその分野は多岐にわたりますが、よく耳にするところでは、経営コンサルタント、ITコンサルタント、キャリアコンサルタント、投資コンサルタントなどが挙げられるでしょう。

コンサルタントを名乗るのに資格などは必要ありません。パソコンと名刺があれば始められるという点で初期費用も抑えられますし、必要経費も少ないので利益率が高い職種であると言えます。

軌道に乗せるには、まずは自身の経験を生かせる分野で一つ事例を作ることです。そこから人脈を築いて仕事を増やしていくことを狙いましょう。個人だけでなく法人からも依頼が来るようになれば、より長期的な契約になる場合が多いので安定した収入を得ることができるでしょう。

顧客は、コンサルタントの持つ経験値や深い知識、洞察力を求めて依頼をかけてきます。そのため、特定の分野に精通していることが求められます。さらに、その上で、分析力や資料作成能力、コミュニケーション能力など複合的なビジネススキルが求められるのです。
コンサルタントを名乗るのは簡単ですが、信頼されるコンサルタントとして活躍するには様々な努力が必要になります。

起業の失敗を避けるために

ここまで気軽に始めることのできる起業アイデアを紹介してきましたが、失敗をしないためにはどのような点に気をつければ良いのかを以下に簡単にまとめます。

サービスは顧客目線で考える

思いついたサービスが独りよがりになっていないかを常に確認することが大切です。世の中の需要を知るために、人間観察をしたりSNSで生活者の声を拾ったりするのもおすすめです。あくまでサービスを利用する顧客側に立って、本当に求められているものなのかを自問自答しましょう。

資金繰りはうまくいかないことを想定しておく

実際、起業してすぐに事業閉鎖してしまうケースも多々ありますが、その主な原因は資金不足です。事業を軌道に乗せるまでに時間がかかり資金計画が倒れてしまうケースは、とても多く見られます。希望的観測ではなく、うまくいかないことを前提として余裕を持った計画を立てておくことが重要です。

事業計画書は柔軟に軌道修正

事業を運営するにあたって欠かせない事業計画書ですが、最初に定めた目標に固執しすぎず軌道修正していくことが重要です。実際に進めていく中で新しい課題が見えてきたり、限界を感じたりというのはつきものなので、柔軟に見通しを変えることも考慮に入れておきましょう。

7つの起業アイデアをしっかり活かすために

起業し事業を実現させるためには社会からの信頼度が重要です。特に会社の拠点がどこに置かれているかはその会社のイメージに直結します。
そのため、レンタルオフィスやバーチャルオフィスで所在地を構えることをおすすめします。

レンタルオフィスとは、デスクや机など必要な備品が揃ったオフィスをレンタルできるサービスです。仕事場を設けることで、オンオフをきちんと切り替えられます。
そしてバーチャルオフィスとは、事業に必要な住所や電話番号などは借りられるものの、作業スペースはないというオフィスです。カフェなど自宅以外の作業場所を見つけなければなりませんが、備品が少ない分、レンタルオフィスより比較的安く借りられます。

家に作業スペースがない、家に子どもがいて集中できない、という方は、ぜひレンタルオフィス・バーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

ナレッジソサエティでは法人登記のできるバーチャルオフィスを4,500円で使えるプランがあります。千代田区にある銀行所有のビル名を記載することができ、全国的に信用されるプロフィールを作ることが可能です。

【まとめ】自分に合った気軽なビジネスから始めてみよう

今回は、比較的ハードルの低い起業アイデアをご紹介しました。起業アイデアは、まず儲けている方の真似を行うことから始まります。特に、現代はインターネット社会です。誰もやったことがないものを見つけるより、人気があるビジネスに挑戦しながら自分なりのアレンジを加えた方が効率的と言えるでしょう。また世の中の需要と自分の経験から発想してアイデアを膨らませてみると、ご自身に適したビジネスアイデアが見つかるかも知れません。

ビジネスを始めてから軌道に乗るまでの期間は、人によってそれぞれ大きく異なります。「なかなか起業アイデアが浮かばない」と焦る必要はありません。自分にできることから始め、少しずつアイデアを膨らませてビジネスモデルを明確化しましょう。

この記事の執筆者

久田敦史

久田敦史

株式会社ナレッジソサエティ 代表取締役

バーチャルオフィス・シェアオフィスを通して1人でも多くの方が起業・独立という夢を実現し、成功させるためのさまざまな支援をしていきたいと考えています。企業を経営していくことはつらい面もありますが、その先にある充実感は自分自身が経営をしていて実感します。その充実感を1人でも多くの方に味わっていただきたいと考えています。

2013年にジョインしたナレッジソサエティでは3年で通期の黒字化を達成。社内制度では週休4日制の正社員制度を導入するなどの常識にとらわれない経営を目指しています。一児のパパ。趣味は100キロウォーキングと下町の酒場めぐり。

【学歴】
筑波大学中退
ゴールデンゲート大学大学院卒業(Master of Accountancy)

【メディア掲載・セミナー登壇事例】
起業家にとって必要なリソースを最大限に提供するシェアオフィス
嫌われるNG行動はこれ!覚えておきたいシェアオフィスやコワーキングスペースのマナー
“バーチャルオフィス” “シェアオフィス” “レンタルオフィス”どれを選んだらいいの? 〜ナレッジソサエティ久田社長に聞いてみた
複業人事戦略会議 #2 ~週休4日制正社員!?多様な働き方が生む効果とは?~
ここでしか聞けない、創業現場のリアル(東京都中小企業診断士協会青年部主催)
起業を目指す若者へ「週休4日制」の提案
社内勉強会レポート
ストリートアカデミー 久田敦史
Yahoo知恵袋

BACK TO TOP
ページ先頭へ